The Spoiled Boy

投稿日:2011/12/28 17:54:34 | 文字数:491文字 | 閲覧数:117 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

久しぶりの投稿です。
途中から何を書きたいんだか分からなくなってしまいました……。


いきるいみ それだけが しりたかったんだ
ざんこくなのは こどもだからさ そんなこともわからないの?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

掬い上げた 小さな命
間もなく消える 儚い命
潰したいのは 何でだろう
考えるより 早く手が動いた

涙流して惜しむのが正義?当然?
誰が決めたのか知りもしない癖に

流れる血 絶える息 小さな花弁のようで
微笑んだ 僕の手を ゆるり滑り落ちてく
それだけで それだけが 唯一つの手段なんだ
道徳だとか善悪だとか 難しいことはよく分からないよ


血に染まった 僕の右手を
優しく包む 偽善の両手
振り払えば 容易く解ける
そんなものだろ ニヒルに嗤った

分かりもせずに守るのが善行?良心?
じゃあこの消えてく命も救ってよ

握り潰す それだけじゃ 物足りなくなったからさ
手首から 叫ぶんだ 消えそうな「助けて」を
分かってる それだけじゃ 誰も信じてくれない
道徳だとか善悪だとか その全てが僕の願いを邪魔するんだ


生きている意味を捜すのが人生?人間?
こたえはどこにもない 知る頃には僕らは死んでしまうんだ

流れる血 絶える息 もう綺麗とは思えない
涙する 僕の手に ずるりと跡 残すだけ
それだけで この胸は 簡単にずたずたになる
嗤ってよ 僕はそう 人生の敗北者さ

高校生です。二次創作中心に活動中。
ここでは主に歌詞を投稿しています。ダーク・シリアスな話が大好物。
※このプロフィール画像はコラボ「アイコン・ショップ」でbarisan様に作っていただいたものです。「アイコン・ショップ」URL→http://piapro.jp/collabo/?id=11219

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/31

もっと見る

▲TOP