流星群によせて

投稿日:2020/12/02 22:15:41 | 文字数:196文字 | 閲覧数:1,051 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

小作品「流星群によせて」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

手をあげて 高く高く空をあおぐ
ひかり、銀河は煌々
手をあげて またね また、またね・・・と笑う
明日へ、進化は重畳

今日はありがとね 
またいつかどこかで会えるかな?ってね
瞬間のイメージは
なかなか言葉にはできない

どうもありがとね
またいつかバッタリあえたならってね
瞬間のイメージを
遥かかなた光にのせて

届けに行くから
未来の君の目に
きらきら瞬きはじめたなら
また進化の方角

駆け出しです。少しづつ、作ったものを公開していきたいと思っています。聴いていただけたら明日は今日よりも頑張れそうな気がします。よろしくお願い致します。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP