街はすっかり冬の景色です
キミと会って もう二度目の冬ですね
こんな寒さも春までだから
時々寂しくて つらい思いしても
涙だけは見せない ほら もう大丈夫です

きっと毎日が特別な日です
そこにキミがいる限り
変わらないで あの頃と同じ笑顔
冬になると会いたくなります


雪のように白い心なら
キミの色で染め上げてくれますか
凍える夜には寄り添うふたり
小声でつぶやいた照れくさいせりふも
全部仕舞ってあります 心の引き出しに

きっと明日も特別な日です
そこにキミがいる限り
たとえこの街が吹雪に飲まれても
ふたりの心は青空です


昼過ぎには雪もやむでしょう
白い雲の隙間から日が射します
どうして寂しいのでしょう 真冬の空は
キミがどこにいても捜して見つけましょう
誰でもいいわけじゃないからキミじゃなきゃダメ

きっと明後日も特別な日です
そこにキミがいる限り
きっと春には心に花が咲くでしょう
二度目の冬が もうすぐ終わります

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

二度目の冬

寒い冬を暖かく過ごしたいものです。

二度目の冬 (曲) http://piapro.jp/t/sLrV

閲覧数:303

投稿日:2012/12/02 22:19:05

文字数:420文字

カテゴリ:歌詞

オススメ作品

クリップボードにコピーしました