終末世界に奏でる最期の音

投稿日:2021/04/26 19:06:39 | 文字数:508文字 | 閲覧数:271 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

歌詞募集するかもしれないので参考で置いておきます

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

壊れ果て 全て失った世界
最後の音色もやがて消えるだろう
枯れ果てた この地面のように

石を蹴り 水に飢え 影は伸びて
かつて水が 流れた 河原を歩く

見渡して 見えるのは 沈んでく陽
それと誰かが置いていったピアノ

ペダルは朽ちて 使えなくて
所々 ダメみたいね
でも
それがなんだというんだろう
そうだ音は鳴る

白黒だけの 終末世界に
最期の旋律を奏でようよ
風にのせて 音は流れていくさ
奏者の 想いが続く限り

苔が生え 侵食する ビルの街で
灯火は 暗がりに ぽつりぽつり

風は止み 音もなく 時は過ぎる
あれは誰かが弾いていったピアノ

楽譜は汚れて 読めなくて
次のコード 分からないや
でも いいの 完璧じゃ
つまらない そうだろう

彩りのない 終末世界で
華やかな音色を 奏でようよ
曲は続き 終わりは見えないけれど
奏者の 終わりは近いようだ

デクレッシェンドな
演奏になっても
ピアニッシモな 心拍数でも
メトロノームは 時を刻み続けて
フェードアウトを許さない

白黒だけの 終末世界は
やがて 無へと還るだろう
それまで音色は 途絶えないだろう
最期は それまで続いていく

ボカロPってのをやってます。

なにか御用があれば、下記のTwitterのDMもしくはピアプロなメッセージまで

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP