driving rain

投稿日:2008/01/31 00:50:57 | 文字数:382文字 | 閲覧数:253 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

どうにもならない過失を犯した少年がいっそのこと罰してくれたなら楽なのに!とすれた態度でいたせいで兄貴分にほっぺたはたかれて土砂降りの中に逃げていく話。
結局苦しいのは物事に正面から向き合わず後ろ向きにぐじぐじしていた自分で、支えてくれる人もそばにいたんだなーとか気づいて立ち直ればいい。

…というのを連想したものの、歌詞を作るって難しいですね…。うん。
息抜きのつもりで打鍵して、結局頭がこんがらがった一品。

一部利用、一人称の変更などご自由にドーゾ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

触れた雨はどこまでも ぬるく
髪は肌に張り付いてた
たたきつけるような 激しい雨音だけが
世界を満たして

視界は白くかすむ けれど
腫れた頬は熱を持って
生きてここにいる 自分を主張する
痛みは警告


泥まみれの白い服 僕にお似合いだった


太陽に嫌われたような土砂降り
矢のような雨粒は
けれど僕を射抜いてくれない
ぬるいぬるい罰 夏の訪れ



進むごとに重くなる 足取り
枷の感覚は増した
すがすがしいまでに 侘しい雨音それは 
痛みを浮かして

違う雫が頬を 伝う
傷跡を優しくなぞって
静かに混ざってく たぶん臆病なんだ 
頬が疼いた

 
行く手を阻む君の両手 僕の背中をたたいた


拒んでも許されていた土砂降り
透明な雨粒は
音を立てて服に染みを作る
じわり胸に響く 夏の訪れ


太陽に嫌われた 僕 だけど
青空はいつだって そこにあった

はじめまして、鳥野ささみと申します。

曲→嬉:歌ってみた 喜:イメージイラスト等 ひゃっほう:コメント
絵→自由:リサイズ色調補正一部使用等
歌詞→楽:曲付け歓喜

そんなフリーダムな感じです。


ピアプロ歴は2008年の1月くらいから。

遍歴
歌詞と落書きの人→動画の人→音楽の人

マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/5294102

コラボ企画「桜ファンタジア」動画リメイク版完成しました!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2426398


*近況報告
あんまりいません。倫理やら良識やらに触れない範囲でご自由にどうぞ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP