One side of mirror

投稿日:2009/04/28 21:37:09 | 文字数:1,671文字 | 閲覧数:149 | カテゴリ:小説

ライセンス:

 ミラーPの三部作のイメージです。
 もう、大っ好きなリンレンソングなので!
 鏡設定良いです。切なさが少しでも伝われば良いんですが……。
 曲と同じように三部作にできたらなぁと思ってます。

※何か問題がありましたらすぐに下げさせてもらいます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 目を閉じる。声がする。
 自分とよく似た、自分よりも低い声。
『リン』
 目を開ける。手を伸ばす。
 鏡のような水面のような、自分を映す透明な壁が、垂直に立っている。
 指を触れる。揺らぐ。
 リンの姿がゆがんで、また元に戻っていく。
 いや、元には戻らなかった。
 映っているのは、少女ではない。
 同じ色の髪と瞳を持つ、少年。

「レン」
 彼の名を、音にする。
 目の前の少年が薄く微笑んだ気がした。
『リン、リン』
 少年が近寄ってこようとする。
 けれど、壁にはばまれてそれ以上は進めない。
 《鏡》――そう呼ぶことにする――に映っている少年の左手に、そっと自分の右手を合わせる。
 リンの意図に気づいたのか、少年も手のひらを開く。
 ぬくもりは、感じない。
 冷たい《鏡》の感触があるだけ。
 それでも、この一瞬が幸せだった。
 この手が決して交わることがなくとも。
「そっちに行けたらいいのに」
 息をついて、上を仰ぐ。
 そこには夜空のような、暗闇が存在していた。
 この《鏡》は、どの高さまであるのだろう?
 超えることはできないのだろうか?
 少年がいる世界も、リンがいる世界と何も変わらないのだと言う。
 マスターがいて、MEIKOやKAITO、ミクがいて。
 空は青くて、花は綺麗で、歌はとても素敵なもので。
 ただ、リンがいない。
 そこだけが違う。
『僕も、そっちに行きたい』
 少年の双眸はまっすぐに、リンを見つめてくる。
 ひどく思いつめたような表情をしていた。
 きっと、自分も同じような顔をしているのだろう。

「二人が行ったら、入れ違いになっちゃうよ、レン」
 くすくすとリンは笑う。
 無理やり笑ったような、乾いた笑み。
『それは大変だね』
 少年の瞳が少しだけ和む。
 似たようなやり取りは、出会ってから何度もくり返している。
 この場所は、リラクゼーション区域を散策しているときに見つけたのだ。
 区からは離れた、忘れ去られたような場所。
 何かに導かれるようにして、リンは足を踏み入れた。
 初めて少年と出会ったときは、驚いたものだ。
 自分が男性型だったらこんな姿をしているのだろうという、レン。
 相手も目を丸くしていたのを思い出す。
 ずいぶんと昔のような、ついさっきのことのような。
 不思議な感覚にとらわれる。
「レン、レン……レン」
 強く強く、右手を押しつける。
 このまま《鏡》が壊れてしまえばいいのに。
 でもそうしたらもう会えなくなるのだろうか。
 それは、嫌だ。
 二人の間にある距離だけが、なくなってしまえばいい。
 0になってしまえばいい。
「あたしの大切な、レン」
『僕の大切な、リン』
 少年の声が優しく響く。
 物理的にではなく、耳に直接。
 それが余計に寂しくて、リンは顔をゆがめる。

 ――と。
 ぬくもりが、ある。
 え? と思った。
 錯覚かもしれない。ただの願望かもしれない。
 温かい。
 確かにレンの体温を感じる。
 少年も同じだったのか、驚いたように自分の手を見ている。
 涙が、こぼれ落ちた。

「いつか、手をつなごう」

 リンは大切なことのようにそっと囁く。
 声がちゃんと届くことを知っている。
 叶うかも分からない、叶うとは思えない、約束だ。
 それでも音にした。
 言の葉にして、レンを縛りつける。
 ぬくもりだけでなく、もっと強く感じたい。
 レンという存在を。
 身体に刻みつけるように。
『いつか、抱きしめてあげる』
 優しくて、穏やかで、力強い声だった。
 きっと叶うと、信じさせてくれる響きがあった。
「約束だよ」
『約束だよ』
 どちらともなく、言った。
 声が重なって、共鳴しあう。
 互いの存在もあやふやになるような感覚。
 リンとレンは確かにそのとき“同じ”になった。



 交わらない世界。それでも二人は手を伸ばす。
 求めて、狂おしいほどに希い。
 その先に何があっても、きっと後悔はしないと、確信していた。

 KAITO愛重症者&みっくみく感染者&リンレンに轢かれ隊

 初めまして、樹神です。“こだま”と読みます。
 KAITO兄さんにはまりすぎて、ミックミックにされて、色々と重症です!
 シスコンだったりブラコンだったりなボカロ兄弟が大好きです♪
 amazonでの購入者が5人だとか7人だとかが遠い昔に感じるくらいの人気っぷりですね、兄さん!!

 主にテキスト、たまにイラストを投稿させてもらってます。
 加工・改変など何でもOKです!
 使えそうなものは片っ端から使ってやってください!!

 音楽的才能も知識も皆無なので聞く専門なのですが、DTMマガジンを衝動買いするくらいには気になるらしいです。


--------

 規約違反だった替え歌、
【替え歌】サイハテ ボカロ消失ver.
【替え歌】サイハテ ボカロ消失・マスター視点ver.
 を削除させていただきました。
 タグにて教えてくれた方、タグがついてると知らせてくれた方、ありがとうございます!
 気がつかずに放置してしまったこと、とても反省しています。
 これからはこのようなことがないように、利用規約を熟読し、質問スレッドなども見させていただこうと思います。
 本当にすみませんでした!


  2月10日  樹神

--------




http://kaito.blog.shinobi.jp/
二次創作小説と、ここでも投稿してるイラストや漫画、動画紹介ブログ。
CP要素満載なのでご注意を!
カイミク・リンレンを中心に、がくリン・マスメイもあり。UTAU創作もしてます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP