とあるKAITOの日記。

投稿日:2012/03/02 23:11:45 | 文字数:1,138文字 | 閲覧数:59 | カテゴリ:小説

ライセンス:

小説・・・とは呼べないかもしれませんが、カイト、心の日記を書いてみました。他のキャラクターも今後書くつもりです。

いろいろな曲を聞き、インスピレーションで描けたらいいなぁ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


ハイテクノロジーの進んだこの世界では、僕はロボットだけれども、もうおおよそ大体は人間だ。

僕はある程度のことは理解できるし、マスターが僕に歌の歌い方をおしえてくれて、調節なんかもしてくれたから、歌声はより人間的なだ。

まぁ、日常生活の会話は・・・・残念だけど。

でも僕はいつまでマスターのそばにいられるんだろう。
マスターの笑顔を見ながら、いつまで隣で歌っていられるんだろう・・・。

最近は、パソコンで、いろいろ知った。
「本当の」人間には、いろいろな、複雑な気持ちがあるみたいだ。
いろいろな曲を聴いて、憎いとか、好きとか、嫌いとか、ビミョーな心境とか
・・・・・愛とか、知った。

それに比べれば僕は犬だ。
基本的には歌うことでしかマスターを喜ばせることはできないし、褒められたらビミョーな心境とかじゃなく、もう最高にうれしいし。

・・・・・・。

マスターは天才で、17歳の時に僕に初めて会った時から、僕の調整をしている。
うーん・・・・正確には、「調教している」のが正しいのか?

あれから10年、僕は気づいてしまった。
マスターが作る曲のほとんどの曲は、僕に歌わせる為の曲じゃなくて、誰かへ捧げる曲だ。

マスターの調整や調教を僕はもう10年も受けている。
些細な、ほんの些細なことだって気づく様になったんだよ。

僕は機械だけど、あらゆる音を認識できるから、
マスターの声の調子とか、聞き分けられるんだ。

マスターは、恋してる。


でも、僕じゃない。
だって、僕を見ていない。だって、歌が特定の誰かへ向けられている。
だって、僕の声を良くしようとするんじゃなくて、マスターの気持ちを僕に再現させるように頑張ってる。

そういえば・・・・。

遠い、遠い昔に、こんな物語があった。マスターが読んでくれた。

あるところに、子供の木の人形がいた。

人形は来る日も来る日も生みの親であるおじいさんに愛されて、

こう願った。

「人間になりたい。」

来る日も来る日もそう、思ったら、ついにその願いがかなって、

木の人形は本当の人間の子供になったという・・・。


僕は・・・・・・別にいい。人間になんてなれなくていい。
この声が失われるくらいなら、このままでいい。

でも、でも・・・・・

愛がほしい。

僕だけに向けられた、熱っぽいような、うち震えるような、うわずったような声にさせる、マスターの気持ちがほしい。

毎日願ったら叶うのだろうか・・・・・。

ただ、愛がほしいだけだ。
ただ、誰かに向けられている、マスターの複雑な感情が、僕は欲しいだけなんだ。

神様、魔法使い、なんでもいい。
僕は、愛がほしい

ボクハアイガホシイデス・・・・

主に歌詞でがんばりたいと思います。
誰か曲をつけてもらえたら本当にうれしいです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP