雨降りエトセトラ

投稿日:2015/07/19 12:52:13 | 文字数:342文字 | 閲覧数:589 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

雨降りエトセトラの歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君のことを想うたび
胸が苦しくなるよ
こんな感情はもう
忘れたはずだったのに

雨降り 二人を引き寄せて
傘で隠した
水の流線が世界の音を消した

言えないよ 言えないよ
もっと近くにいたいなんて
限りなく透明な
告白をため息のように

雨の日のエトセトラ


君の言葉はまるで
魔法のようにとけて
心の奥のほうへ
沁みこんでゆくよ

寂しさ 二人を引き寄せて
傘で隠した
雲の灰色が予感を連れてくる

消えないで 消えないで
ふれあう指先の感触
覚めないで 覚めないで
ただ一つのつながり

新しい季節の訪れは
どうして胸をしめつけるんだろう


行かないで 行かないで
ふれあう指先はほどけた
言えなくて 言えなくて
今日の別れを悲しんだ

雨の日のエトセトラ
帰り道のエトセトラ

ボカロ作品のオケなどを投稿しています。

twitter
http://twitter.com/Tomoya_PB

HP
http://www.polyphonicbranch.com/

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP