ストラトスフィア1945【PV字コンテ】№1

投稿日:2010/12/26 10:41:48 | 文字数:2,139文字 | 閲覧数:134 | カテゴリ:小説

ライセンス:

ボーカロイド達をWWⅡ軍用機に乗せて、原爆投下阻止作戦に出撃してもらったよ。
といいたいのですが、絵が描けないし、MMDで作る根気もないので、字コンテです。
『ストラトスフィア』を聴きながら読むのが正しいです。多分。
やれやれ、こんなことやってないで仕事せねば。
もし、イラスト描いていただけたら、大変うれしいです。
テキストは6,000文字以内なので分割になりました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

戦友達が次々と墜ちていく成層圏。
メイコ少佐は、究極のレシプロ戦闘機Ta-152を繰り、核爆弾を搭載したB-29を迎撃に向かう。
絶望的な状況の中、突如として、遙か高空に棲むといわれる伝説の歌姫が姿を現す。


PV字コンテ『ストラトスフィア 1945』

〔場面1〕
(テロップ)
The far-off distance, the story of ancient times.
Stratosphere_1945
効果音 タイプライターの打刻音と改行音

画面 暗転
メイコのモノローグ
「…いつからかパイロット達の間に伝わる、遙か高空に棲むという歌姫の伝説がある…」
「…わたしは、彼女との邂逅を一生忘れることはないだろう…」

〈キャラクター仕様〉
メイコ:
第39飛行隊隊長 戦闘機エースパイロット
階級は少佐
服装はルフトバッフェのものをモチーフにした飛行服


〔場面2〕
音楽 『ストラトスフィア - VocaLege edit-』スタート
高速で飛ぶレシプロ戦闘機Ta-152の10機編隊をカメラが追う。

効果音 液冷エンジンの爆音

内、1機にズーム
コクピットには、隊長にしてエースであるメイコ

〈機体の仕様〉
ドイツ機Ta-152
第2次大戦末期に完成した、クルト・タンク博士設計による高高度戦闘機。
Fw-190をベースに能力全般の向上を行い「究極のレシプロ戦闘機」ともいわれる。
全長: 10.7 m
全幅: 14.4 m
最大速度: 760 km/h
エンジン出力:2050馬力
武装:30mm機関砲×1、20mm機関砲×2
北海道旗をモチーフにした濃紺基調のカラーリング。胴体横水平に白いライン。
両翼と胴体側面に、北海道章の赤い七稜星を白い光で囲んだマーク。
尾翼に”MIC-39”のナンバリング。
メイコ機のみ、胴体側面エンジンとコクピットの間に赤いバラのマーク。


〔場面3〕
画面 空を埋めつくさんばかりの爆撃機B-29の大編隊

効果音 大口径空冷エンジンの発する低い唸り

護衛戦闘機のP-51マスタング、P-47サンダーボルトの姿も多数

画面 B-29の一機の機首内部へ
機長、副操縦士、通信士の3人の姿

副操縦士「今回の作戦が成功すれば、本当に戦争は終わるんですかねえ?」
機長「さあな」
通信士 口を挟む「また、毎日、カミサンの顔を拝まにゃあ、ならなくなるな」
機長「我々はただ、任務を遂行するだけだよ」

〈機体の仕様〉
米軍機B-29スーパーフォートレス:
言わずと知れた「超空の要塞」。
排気タービンの搭載等により、当時としては圧倒的な高高度性能を実現した。
高高度用エンジンの開発が遅れた日本軍にとっては、撃墜は困難を極めた。
自動的に弾道計算する火器管制装置を銃座に搭載し、その攻撃力も迎撃機の驚異となった。
全幅:43.1 m
全長:30.2 m
エンジン出力:2,200馬力×4
最大速度:576 km/h
航続距離:爆弾7,250kg 搭載時 6,600 km
武装: 12.7 mm 機関銃×12、20 mm 機関砲 ×1
カラーリングは未塗装のジュラルミン(銀色)を基調
両翼と胴体側面にジオン公国のマーク

米軍機P-47サンダーボルト:
第二次大戦における米陸軍航空隊の主力戦闘機の一つ。
巨大なサイズと大馬力エンジン、大火力が特徴。
全長:11.0 m
全幅:12.4 m
エンジン出力:2,430馬力
最大速度:697 km/h
武装:12.7mm機関銃×8
カラーリングは未塗装のジュラルミン(銀色)を基調
両翼と胴体側面にジオン公国のマーク

米軍機P-51マスタング
第二次大戦における米陸軍航空隊の主力戦闘機の一つ。
高い巡航速度と高速性、加速性、機動性を併せ持ち、第二次大戦における最優秀戦闘機に挙げられることも多い。
全長:9.8 m
全幅:11.3 m
エンジン出力:1,695 馬力
最大速度:703 km/h
武装:12.7mm機関銃×6
カラーリングは未塗装のジュラルミン(銀色)を基調
両翼と胴体側面にジオン公国のマーク


〔場面4〕
画面 航空隊基地の指令室
緊迫した空気が漂う

オペレーターであるルカが、無線通話を繋ぐ。
「第39飛行隊各機へ、本任務について、総司令部からの追加情報を伝える」
「敵爆撃機のいずれかが、新型爆弾を搭載。
物理学界で研究されていた核分裂反応を利用した兵器で、半径数キロを消し飛ばす威力があると報告されている」
「新型爆弾がsapporo中心部に投下された場合、死者だけで30万人を超える被害が予想される」
「敵軍の狙いは、新型爆弾により我が国の中枢機能に壊滅的な打撃を与え、我が国に降伏を迫ることにあると推測される」
「之を阻止するため、全航空部隊に全力出撃を命ずる
どの機が新型爆弾を積んでいるかわからないため、敵爆撃機を全機撃墜する必要がある」
「繰り返す、全航空部隊は全力出撃、敵爆撃機を全機撃墜せよ」

〈キャラクター仕様〉
ルカ:
航空隊基地通信担当下士官
服装はルフトバッフェのものをモチーフにした内勤用の軍服


諸々経て、現在に至る。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP