空想夢中

投稿日:2010/07/13 21:37:54 | 文字数:575文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

ファンタジー・・・、系・・・・・?
なんかようわからん\(^O^)/オワター

ファンタジー大好きなのに書けないという罠www

ずっと書きたかったんです。
夏って言ったら七夕とか花火とかなので、おほしさまの歌にしました。
宇宙ヤバイ。マジ宇宙パネェ、壮大パネェ。

歌詞以外の用途で使って頂いてもおkです(絵etc)飛び上がって喜びます。著作権は守ってね。
前バージョンにメロディ分けしたものがあります。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

おわらないゆめをみよう
きみとふたりでゆめをみよう

ずっとずっとつづくゆめを


ホシが瞬く夜 きみの部屋の窓に
リズムをきざむよ それがタビの合図 

ぼくの手を握る はにかんだきみを
力いっぱい引きよせて たかい高いホシの壁を

追い越して、跳ぶ


終わらない夢をみよう
君と僕とで 夜空を駆ける
ふたりきりの夢をみよう
きみが「世界」を忘れ去る前に




ホシの瞬く空 両手を伸ばした
光をつかんで きみは溶けていく

ぼくの手を離し わらってるきみを
力いっぱい抱きよせて ねむるきみの体温を

思い出して、泣く


終わらない夢をみよう
僕と君とで 夜空に逃げる
ふたりきりの世界へいこう
きみが消えてしまう前に



きみのいない世界なんて 僕が滅ぼしてしまおう
僕は宇宙に溶けて 君と星なろう

「わがままだ」きみは笑うだろう
ぼくは泣く きたないかおで

君はかえってこないのにね
僕は星になって 君と空に散って
燃え尽きる事すらできないのに


終わらない夢をみよう
君と僕とで 夜空を駆ける
ふたりきりの夢をみよう
きみがわすれて、



終わらない夢がおわる
君と僕の 世界を飲み込んで
きみは夢と 息を終える

ぼくをのこして ぼくをのこして、


おわらないゆめをみよう
きみとふたりでゆめをみよう

あぁ、




双子ペロォ…

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP