夏華

投稿日:2009/08/01 00:50:49 | 文字数:409文字 | 閲覧数:77 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

和やかで、少し懐かしい、そんな夏を感じて欲しい。

そんな思いで書きました。
表現にもうちょっと詞的なのを入れたかったかも。

使用した楽曲
http://piapro.jp/content/j7whjopsdesyssft

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏華
作詞・作曲・編曲:BIRUGE
唄:巡音ルカ


楽しい話をしよう
いつまでも笑ってられるように
赤い浴衣姿の
君が淡く微笑む

ずっとこのまま二人
いつまでも揺らいでいたいのに
街を明々と染めて
消えた夏夜の花火

それでも夏の魔法は解けそうもないさ
透き通るラムネの瓶越しに
浮かんだ君は鮮やかに染まる

今宵 葉月のそよ風が
君の薫りをなびかせる
あどけない その微笑み顔は
心震わす夏の華


祭りのあとの静けさで
時の流れはゆるやかに
愛しく思う程に
交わす言葉も見つからず


捕らわれた傷も浮かび上がって消えたね
さようなら 僕の擦り切れた想い出達
今はただ手をつなぎ 二人 笑うだけ


触れる影とが重なり合って
夏の薫りがゆらゆらり
想い伝える甘い言葉は
恥ずかしくて言えないから

今宵 葉月のそよ風に
僕の想いを忍ばせる
あどけない その微笑み顔は
心和ます夏の夢

も少しこのまま 夏の夢

作曲、イラスト、作詞、気づいたら全部やってます。

●Cookie
http://cookie.cosa-cosa.com/
音楽やらイラストやらweb漫画やら、いろいろあります。
気軽に掲示板にでも書き込んでくれたら喜びます。
●Twitter http://twitter.com/kero_biruge
●mixi http://mixi.jp/show_profile.pl?id=220829
●pixiv http://www.pixiv.net/member.php?id=471413


2007年、音楽作りに初めて触れる。
2008年、VOCALOID曲の発表開始。

製作スタイルは『時代を後取り』。
周りの流行を気にせず、産み出すのはひたすら垢抜けない音楽。
アコースティックギターやピアノなどの生音を中心にした、どこか懐かしい雰囲気の曲が好きです。
そんな作風でも、いつかいろんな人に認められるような曲を作りたい、そう思いながら今日ものんびりとマイナー曲を作ってます。

作詞もイラストも自分でやることが多いです。

目指すは、なんでも全部自分でやっちゃう人。
自己流をニュースタンダードにしちゃう、そんな人で居たい。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP