-1225-

投稿日:2018/12/17 17:52:22 | 文字数:366文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

白い色を塗る ココアと私の息

かじかんだ手のひらを溶かす

ソリを滑らせて プレゼントを届ける

今日はそんな日だ


みんなが騒ぎ出す "神"とかそっちのけで

サンタさんも信じないのに

一年の一度の 誰かのお誕生日

食事は豪華に


飾り付けて うかれた街

光が照らす 道

lalala


それぞれの思いが混ざって

地面に足跡を付けていく

神様に祈るこの夜 ああ

いつもはそんなことをしないのにね


まくらの隣に 忘れたこの気持ちと

飾り付けられた思い出

嫌いなわけじゃない 

さっきさそこの店でチキンも買ったし

さぁ、食べよう


静かに積もる ひらひらと踊るように

lalala


思い出を重ねていくように

雪が道を埋めていくように

歩みを進めた足跡は

振り返ればもう白く埋められていく

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP