玩具屋カイくんの販売日誌(207) 霧雨さん meets テトさん

投稿日:2013/09/01 12:08:41 | 文字数:1,245文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:小説

ライセンス:

お騒がせ屋の霧雨さん。今度は、何を企んでいるのでしょう。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

テトさんの店で、やたらとはしゃいでいる霧雨さん。

ハイ・テンションな彼女の様子に、やや面食らってしまったテトさんだ。

「まあ、昼間に来るこのお店も、素敵ですねえ!アタシはいつも、夜の“バー”の時に来ることが多いんです」
そんなことを喋りながら、霧雨さんはハーブティーを注文した。

手には、なぜか“はっちゅーね”の人形を持っている。

「いつも、この店に来てくれてるんですね。有難うございます」
微笑んで、テトさんは言った。

いつか、「東京すいかツリー」のオープン・イベントで会ってから、何度か見かけたり、挨拶をする程度だった2人。
ゆっくり話をするのは、初めてかもしれない。

でも、霧雨さんは、テトさんの作る雑貨が大好きだ、と言っていたが。


●また、応援したいですゥ!

2人は、雑貨を作る同業者同士。ライバルでもあるはず。
でも、どうやら、彼女は純粋に、テトさんのファンでもあるようだ。

「今度の、新しいテト・ドールのシリーズ。また楽しみだわぁ」
はしゃいで、彼女は言う。

あれ、もう新製品の情報を知ってるのか。早耳だなあ…
テトさんは思った。

「ええ、そうなんですよ。これまでのドールが、“天使と悪魔”だったでしょう?」
テトさんは、紅茶を飲みながら言った。
「こんどは、ちょっと違うテイストにしたいと思ってるんです」

「へえ、また、応援したいですぅ~」
楽しそうに行って、手に持った“はっちゅーね”の両手を、バンザイさせる。

(オイオイ、それは、ライバル人形だよ)
テトさんは、心の中でツッコミを入れた。


●賑やかにしませんか!?

その様子を見て、今まで聞くともなく聞いていた、マスターの吉さんが言った。
「でも、霧雨さんが応援すると、また妙に、賑やかになりすぎますよ」

それを聞いて、霧雨さんは目を見開いた。
「あら、それ、どういう意味?聞き捨てならないわね」
「いえ、別に深いワケは無くて」

そんなやり取りをテトさんはニガ笑いして、見ていた。

ふくれっ面をしながらも、霧雨さんはまた、ハーブティーを手にとった。
「まぁね。でも、アタシのこの“はっちゅーね”も、随分活躍したけどねー」
彼女は、人形の頭をなでた。
「でも、せっかくイロイロ、話題になったりしたのに、今度、あそこで新商品として、出しちゃうんでしょ」

「あ、そうみたいですね。ルカちゃんの会社で、新商品にするんですって」
テトさんは、思わずうなずいた。

霧雨さんは、腹立たしそうにうなずきながら、つぶやいた。
「まったく、れおんのヤツめ。あのエロオヤジ、新商品の企画を、実現しおってからに!!」

そう言いながら、手元の人形の頭をまたなでる。
「しばらく、お前はおとなしくしてなさい」

そして、ふと顔を上げて、テトさんの方を見た。
「あのー、テトさん。今度の新商品ですけどー」
彼女は、いたずらっぽく笑って、言った。

「いろいろ、話題作りで、盛り上げませんか?」☆ヽ(▽⌒*)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは! 続き拝読させて頂きました!

    まずはお約束のツッコミから。

    「東京すいかツリー」

    ナイスです! これは考えつかなかったです! 面白いです~♪

    さてさて、霧雨さんが合流し、いろいろお話が進むにつれ、れおんおじさんの野望(?)が着々と進行し、そして、なにやら”話題作り”とのこと。

    ん? そーいえば、「Vocaloid2 鏡音リン・レン」って、リンちゃんとレン君の二人音源パッケージだったなぁ~(ふふふ)

    ではでは~♪

    2013/09/08 14:19:25 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、感想をありがとうございます!

    > 「東京すいかツリー」
    ナイスです! これは考えつかなかったです! 面白いです?♪

    有難うございます。ドメスティックな塔になりそうですが...

    >ん? そーいえば、「Vocaloid2 鏡音リン・レン」って、リンちゃんとレン君の二人音源パッケージだったなぁ?(ふふふ)

    お、なかなか面白い示唆ですね!それは私も考えつかなかったです。
    うーむ。いつもながら発想の豊かさに舌を巻きます。

    また、ぜひ感想を聞かせてください!

    それでは、また。

    2013/09/08 21:09:04 tamaonion

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP