escape / 歌詞

投稿日:2019/08/23 18:48:57 | 文字数:529文字 | 閲覧数:15 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

escape / 歌詞

気付かれもしないまま通り過ぎていった
生温い風と僕の心臓だけがただ
世界の音だった
僕のすべてだった
『弱いな』と呟いて息が詰まりそうな夜だ

『逃げるな』が正解なら救いがないんだバイバイ
『立ち向かえ』が実際なら人生からは脱退
『生きろ』に抗えないなら複製のように存命
“嫌だ”
自由を奪われてるのが耐えられないみたいだ

此処から抜け出して好きなように生きたなら
僕は居なくなってそのうち日が昇った

終電を逃した深夜1時には
街の灯りも消えるだろうと思っていたの
落ちた星屑と共に歩こうと目論んだ水面下
刻んでた数秒

此処から抜け出して逃げるように生きたなら
君は嘲笑って『無駄』を口にしたんだ

逃げたら負けなんだ
終わるんだ
まだやれる
まだ枯れてはいないと
言うのは楽なんだ
無理なんだ
もう

耳の奥で鳴る胸の鼓動が
絶え間ないほどに脈を打つので
生きているのだと勘違うのだ

此処から抜け出して好きなように生きるから
僕は明日に立って日が昇るのを待った

『大事な命』だって偽善者が
“ふざけんな”
奪う世の中で精一杯生きてるんだ
誰かの愛を知りたかった
“それだけだ”
がむしゃらに生きた逃避行の回想録(たび)だ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP