君の元へ

投稿日:2009/08/20 15:24:28 | 文字数:504文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夏っぽく…ね。←
つっても、メロディしだいか。笑

わりと穏やかに。
心地よく蝉の声が聞こえる様な、そんな感じ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夏が始まって 半ばを過ぎて
いつの間にか秋風に変わっていた事に気づく
体で感じるこの季節が やけに早くすぎてしまって
寂しさを感じました

日差しも少し弱まりました
蝉はまだ 鳴いているけれど
もうすぐ夏が終わるのですね

風鈴鳴らす風に思いを乗せて
君の元へと飛んでいきます
旅路は辛くとも
鳥と共に羽ばたいて行きます
この唄が届くまで あと少し…

la la la …

大きな雲も 少なくなって
暑い日々が懐かしくなるほど遠い記憶に感じた
生きている事を悟れる 季節の変化がとても恋しいのです
夏はいつまででしょうか

風が強くなってきました
蝉の声も 小さくなって
あと少しで秋が来るのですね

透明なガラスにビー玉を入れて
水色の水をゆっくり注いだ
キラキラと光るそれは
命の輝きの様に見えました
この思いが消えるのも…

Uh~ la la la~

小さな手の中で 一体どれほどの幸せを作れるのかと
必死で悩んでいる 小さな僕が居ました
終わってしまう前に 何か1つでも
小さくても構わないと 
必死に走っている 自分が居ました Ah

風鈴鳴らす風に思いを乗せて
君の元へと飛んでいきます

作詞が趣味で、音楽が大好きデス。

そして音楽バカです。

音楽を生活の中に取り入れなければ死ぬ。
そんな奴です^ω^

作詞が大好き?っつか趣味で、
楽器とかも好きなんですが、
恥ずかしながら何一つ楽器が弾けません;

なので作曲ができないんです><
したいとは思うのですが、
できないのが現実・・・。


なので、もし、一緒に・・・曲を作ってくださる方
がいれば、
声をかけてください。



↑ではなくても、
詩をみて共感とか、なんか興味持ってくれた方とか

ぶっちゃけ、友達募集してるんで。←


まだやり方とかイマイチですけど、
これから、友達っていう音楽を通した仲間できることを
楽しみにしてますw

こんなんですが、もしよかったら一緒に曲をつくr((^^^

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP