プラットホーム

投稿日:2018/05/11 21:27:18 | 文字数:312文字 | 閲覧数:97 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あの日丘から眺めた暗い空一筋白い星が流れたね
こっちじゃもう見えない

見えないはずの暗がりできみを探したのは
木霊してた歓声が急に遠ざかったから

ここの空を見上げてもいつか習った星座たちばかり
ほかの星はまるでなかったことにされちゃったみたい

そっちにあるのにこっちでは見ないものなんだかわかる?
すぐに電車が来る時刻表いらないんだ

駅のホームで変なこと聞いてしまったかな
二人だけできみと話せる大切な時間だったから

とても生真面目な電車がどうしてかな物悲しく映る
ちょっとくらい遅れる日あったってかまわないのにね

隣で笑ってくれる相手にはまだ出会っていないけど
ちょっとくらい待つ時間あったほうがうれしいかもね

曲を聞くのが好き。ときどき作るのも好きです。

  • プラットホーム

    by Posidasさん

オススメ作品10/16

もっと見る

▲TOP