世界樹

投稿日:2011/04/25 14:49:52 | 文字数:619文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

病気になった時のことを思い出した
この世で苦しんでいるのは私だけだった
世界中の不幸はどこにもありえない
空を丸めた筒をのぞいている気がした

私の喉は痛むことを知らず
手足を失う恐れもない
あなたと私は決してつながらず
個体の壁が寝そべっている

私の歌は上下の行き来に飽きて消えた
誰にも響かない理由などなかった
彼らは疲れ私はこの身を案じただけだ
証を探していただけの私に指はない

伏せられたカードを選んだ私の選択は私だけのもの
選ばない選択もあった
用意されたカードに甘んじた私の責任は私だけのもの
選ばれない使者の義務


独りきりでいる時に特に思う
私の足元にあるのは無数の足跡
彼らの広げた傘の下にいると
誰も彼もが顔も知らずに差しかけている

私の喉が痛むことはないし
手足を失うこともない
あなたと私はいつも他人だが
私も一葉時に気にする

善良なことがただそれだけで正義じゃない
どこにも免罪符なんてありはしない
まかれた土が毒ではなくても薬じゃない
彼らと同じ場所に立ってはじめて陽が見える

伏せられたカードを選んだ私の選択は私だけのもの
選ばない選択もあった
それでも私は
伏せられたカードを手に取り彼らの手折られた枝を拾っていた
見て見ない選択もあった
伏せられたカードを選んだ私の責任は私だけのもの
選ばない選択は捨てた
伏せられたカードを手に取り彼らの手折られた枝を拾っていた
もう一度花を見たかったから

しがない物書き。
詞(詩)まがいの何かや
小説や散文を書きます。
大体においてロック脳。
UTAUでカバーもやってます。
VOCALOIDはMEIKOの体験版だけ。

使用音源
デフォ子(g+20)、穂歌ソラ、赤穂
基本的にこの三人のユニット
マイペースかつフリーダム

http://www.nicovideo.jp/user/24634035

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP