《狂った青い瞳》 R15 ※元ネタ御兄誘拐  メイカイ

投稿日:2010/03/10 23:03:03 | 文字数:2,599文字 | 閲覧数:2,480 | カテゴリ:小説

ライセンス:

続けてメイカイでっす
御兄誘拐は本当に衝撃的でしたww
超絶好みな曲ですねww 女攻め萌えすぐる(*´д`*)
壊れたKAITOってのも萌えたんで、ってかこれ大丈夫かなぁ?ww
まぁぎりぎりだと思うのですが
消されないように祈ります(-人-)南無南無

しかしめぐぽとか名前自体初めて出したwwww
しゃべり方とかよくわからないww
たぶんKAITOのことは呼び捨てだと思うので、こんな感じ
楽しかったww 良い調子過ぎて反動こえぇwww

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

KAITOがいなくなってから10日程が経った

マスターが突然の出張で3週間ほど家を空けることになった
その日からKAITOがいなくなったため
皆、寂しがり屋のKAITOの事だからマスターについていったのだろうと
納得してしまった
でもMEIKO、ただ一人納得しなかった
マスターが仕事にKAITOを連れていくなどわけもない
まして何も言わず連れていくわけもない
マスターとの連絡も取れるわけもなくKAITOのいない時間が進んでいく

「リン、ちょっといい?」

「ん~なぁに、これからちょっと行く所あるんだけどぉ」

ここ最近リンの様子がおかしい、リンだけじゃないミクとルカもだ
買い物に行こうと誘ったりすると行く所があると言って断る
いつもは何か買ってくれるからと言って、ついてくるのに
仕方なく思いながらめぐぽとがくぽ、そしてレンを連れて買い物に行く

帰ってくると三人は何食わぬ顔をして、テレビを見たり本を読んでいた

「おっかえり~」

「今日のご飯なぁに?」

「おかえりなさい」

笑っている三人、でもどこか違和感が感じる
そんな違和感を感じたのはちょうどマスターが出張に行ってから
いつもとは違う様子ではないかと、疑問を投げつけるも

「そーか? リンはいつものリンだぜ?」

「ルカ殿も変わらないです、この間も……」

「ミクちゃんですか? いいえ、この間もネギゼリーの作り方を」

とどうやら変わらないらしい

マスターが帰ってくるまで残り三日となったある日
MEIKOはレン達に買い物を任せた
もちろん三人には秘密にして、出たふりをしてこっそりと様子をうかがった

「さーて、皆言ったし、そろそろごはんの時間だしね」

「きっと寂しがってると思うわ」

「えへへ、今日はなにしてあそぼっかなぁ」

そう言って三人は仲良く、とある部屋へと向かう
そこはリンの部屋だった
其々の部屋を与えられているこの家で用もなく他人の部屋に行くことはない
しかしごはんの時間、寂しがる、
遊ぶと言う単語から犬でも拾ったのかと思った
それらしい声も聞こえないし猫という可能性も考えたが……――
ぱたりと音を立て閉じた扉に耳を近付ける
三人の笑い声に混じり、何かを叩く音が聞こえた

『かーわいい! ほらもっと食べなって』

『寂しかった?』

『ほら、とっとと食えつってんの! 遊べないでしょう!』

その声は何処か狂っているように思えた
一体何に対して、何をしているのかとMEIKOは意を切り扉に手を掛けた
しかし鍵がかかっているらしく、開かない
中で三人の慌てふためく声が聞こえる

『ちょっとだれ! 皆買い物に行ったんじゃないの!』

「何やってるの、ここを開けなさい」

『MEIKO姉さん? まったくこれだから……』

『えへへ、あたしがやっつけてきてあげよっか?』

扉からナイフが飛び出す、間一髪の所で避けたMEIKOは後ろへと探す
ゆっくりと扉が開くとそこからミクが現れた
手には血のついたナイフを持ちながら

「あんたたち………一体なにをしてるのよ」

「べっつにー、関係ないじゃーん」

ナイフを振りおろしてくるミク、全てをぎりぎりの所でよけたMEIKOは
ミクの手をひねりあげ、持ち上げるとそのまま壁へと投げる
衝撃に耐えきれずミクは身体を痙攣させ動かなくなった
部屋の中へと飛び込むとむっとした匂いに顔をしかめる
飛びついてきたリンを振り払い
ミクと同じく壁へと投げ捨てると動かなくなる
呆然と立ち尽くすルカを背負い投げし動かなくなるのを確認し灯りをつけた
そこには………

「KAITO!!」

ベットの上、どろりとした液体にまみれたKAITO
しかしその腕は取れ、ぎりぎりコードがそれをつなぎとめている
左足は取れ投げ捨てられ、右目がなくサイドテーブルの瓶の中にある
頬は削がれ機械が丸見えになっていた

「KAITO! しっかりして!」

光のない青い瞳はMEIKOを捉えずにぼんやりと何処かを見ている

「ご、しゅじん…さま……ごしゅじん、さま」

舌を伸ばし頬をなめる、腰を揺らし足にすり寄ってくる

「かいと、を………いじめて、ください」

「KAITO……」

何をしていいかわからず、MEIKOはただ抱きしめるだけだった

それから30分後、買い物帰りのレン達と
偶然早めに帰ることのできたマスターが帰宅した
壊れたように何度も言葉を口にするKAITO、それを抱きしめるMEIKO
ショウトした三人にマスター達はただ呆然とするだけだ

マスターがMEIKOから事情を聴き、すぐに三人を調べ始めた
どうやら先日歌っていた時に何らかの影響でウィルスが入ったらしい
そのウィルスがミク達三人の「KAITOへの愛情」を歪にしてしまい
今回の事件へと発展したらしい
三人のウィルスはすぐに削除され、その時のことは消された
何事もなかったように過ごす三人にがくぽ達もそれ相応に過ごしていく

「ねぇ、KAITO兄さんとMEIKO姉さんは?」

リンの突然の言葉にがくぽ達は口を閉ざしたがすぐにめぐぽは続けた

「え、えっと、ね、この間二人が喧嘩しちゃって、ね?
KAITO、少し故障しちゃったからちょっと病院に行ってるん、だよねぇ?」

助けを求めるかのようにめぐぽの問いかけいにがくぽとレンはただうなずく
三人もそれなら仕方ないと、それぞれのおやつを口にし始めた



「めーちゃん、めーちゃん」

すり寄るKAITOをMEIKOはただなでるだけだった
あれからマスターの手によりKAITOは直されたがショックが大きすぎたのか
記憶の一部に支障を残した、VOCALOID専門病院に行くと時が経てば元に戻ると言われ
しばしの間二人はマスターの自室にこもることになった

「大丈夫だ、MEIKOすぐに治るからな」

「えぇ」

ただなでるだけ、すり寄る片目を失ったKAITOをなでる

「すき、めーちゃん、いっぱい、可愛がって」

未だKAITOの残された瞳は暴力と言う快楽を待ちわびている

「いっぱい、いーっぱい、すき、めーちゃん、いたくしてね」

MEIKOはただKAITOを抱きしめる、そして涙をこらえながら
またあの時のKAITOに戻ってくれることだけを祈った

プロ画はオフ友の方に描いていただきましたww
ありがとうございますw

初めまして、神崎遥と申します。

ボカロを好きになり、早一年
とうとう小説を書くことを決心しました

主に、原曲を基に妄想フル回転で書いていこうと思います。

誤字脱字、言葉の使い間違いなどがありましたらコメントでお願いします

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP