207頁目のソーダ水

投稿日:2011/05/13 19:30:17 | 文字数:409文字 | 閲覧数:244 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

悲しいのですか
散らばってる、構造
悲しいのですよ
燻るから、残像

その名前 もう思い出せない
千回も きっと呼んだのに
この記憶 もう増やせないんだ
有り触れた 続きを待つけれど

期待して捲る次の頁
弾けてしまうソーダみたいだ
また君となぞる予定だった
2011年の夏は来ないみたい


寂しいのですか
駄目になった、理想が
寂しいよ だって
燻るから、残光

あの喧嘩 もう時効にしよう
テレビのことなんか忘れた
どの声を 頼ればいいんだろう
矛盾した 言い訳でもいいよ

逃避して瞑るわたしの目は
蕩けもせずに眩しいままだ
また君と笑うつもりだった
明日が少し喉に沁みて痛いみたい


期待して捲る次の頁
弾けてしまうソーダみたいに
跡形もなく消え去ったんだ
2011年の夏は来ないみたい

君に好きだっていえなかった
君に好きだっていえなかった
君に好きだっていえなかった
君に好きだっていいたかったのにな

かぼちゃを下さい名義で歌詞を書かせていただいている者です。
ご依頼・ご相談などございましたらお気軽にどうぞ。


マイリスト http://www.nicovideo.jp/mylist/21354316
メール tetra_pod_1224×yahoo.co.jp(×→半角アットマーク)

旧作 http://piapro.jp/t/loey

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP