鏡の悪魔 10

投稿日:2009/07/12 13:29:38 | 文字数:2,648文字 | 閲覧数:835 | カテゴリ:小説

ライセンス:

最後のほうはほのぼのになってますよね?
何か会話文ばっかりになっている気もするけど、気にしないでおこう。
次辺りで一旦終わりですけど、アニメで言ったら『第二シーズン』を予定しているので、まだ続きますよ。
一番最初の『悪ノ物語』が全部で二十話。これは何話まで行くんでしょうかねー。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

                 -橙-
 勢いだけで発した言葉。
 苦し紛れでも、誰かを励ますことはできないだろうか?いや、そんなことはない。たとえ目に見えた変化がなくとも、その言葉に何かを感じ取ることは出来るのだと、わかったのだ。少しだけ微かに微笑み、レンは目を閉じた。
「…君もこんな風になりたい?俺はね、ずっと耐えてきたんだ。血が欲しい、血がのみたいなんて衝動から。けど、一旦血を見たらそんな我慢が馬鹿らしくなってきたよ」
「そんなの、アンタが理性を保とうとしていないからよ。血がのみたい?自分のでも飲んでいなさいよ。手首でもかめばいらない位、血が出てくるわよ!」
 自分の手首を人差し指で示して、大きく叫ぶように言った。
 リンが言葉を発するたび、カイトの手がピクリと動く。きっと、怒りをこらえているのだろうことは殆ど面識のないリンにもよく分かったが、口を閉じる気など、サラサラない。
 と、ここまで口を閉じていたメイコがやっとカイトに話しかけ始めた。
「カイト、何でこんなことをするの。昔の貴方ならこんなこと…」
「めーちゃん、俺はさ、変わったんだよ」
「カイト…ねえ、カイト。私、あの後、凄く後悔したわ。今ならはっきり謝ることができる。なのに…どうしてよぉ…」
 その場に泣き崩れたメイコを見て、カイトの表情がなんとなく変わったように、ルカには見えたが、その変化が何を示すのかはわからなかった。
 しかしメイコに歩み寄ろうとしたカイトは足を止め、自分の両手の血と足元に倒れているレンを交互に見つめて、怯えたように両腕で顔を覆った。
 それを見たメイコは、見慣れないものを見つけた。
「カイト、そのあざは…」
「今、あのあざに不思議な妖気のようなものが宿っていましたが」
「私がカイトの主人だったときはあんなものは…」
 はっとした。ここでやっと、あのあざが何なのか、カイトが何故いきなりこんなことをはじめたのか、漠然としたままではあるが全貌が見え始めたのだ。
「ルカ」
「分かりました。主」
 名を呼ばれただけで主人の意を理解し、ルカはカイトへとゆっくり歩み寄った。何かに怯えたように震え、声を殺したカイトはルカが近づいていることに気づき、顔を上げた。
「いいですか、少し痛いでしょうが、すぐに回復して差し上げますから、我慢してください」
 そういうと呪文を唱えて、フェンシング用の剣に飾りをつけたような剣をとりだすと、ルカはカイトの手をとってカイトの手に刻まれたあざを一瞬にしてきり去った。手の甲から体中へ走る激痛。しかしそれもルカの魔法によってすぐに収まった。
「主、多分これで問題はないかと。ですが一応屋敷に運んで、見たほうが」
「ええ、そうしましょう。カイト、いいわね?来て。リン、レンのこと、運べる?」
「う、うん」
 腹から血の出たレンに簡単な回復を行って血がつかない程度にすると、リンはレンをおんぶした状態になった。
「さあ、帰りましょう。レンの怪我がひどいわ、リンの魔法だけじゃ治りきらない」
「カイトさんも」
「え?あ、ああ…」

 巨大な鳥から降り、六人は館の中へと帰ってきた。
「ルカ、レンの回復をしてあげてくれない?私はカイトのほうをやるから」
 そうメイコはいったが、ルカは申し訳なさそうにそして少し不安げに、レンをちらりと見てから言った。
「それが、先ほどもそう試みたのですが…。どうも意識がないにしても反射的に私やカイトさんを退けるようとしているらしく、魔法でバリアのようなものを張っているようです」
「そう、じゃあルカもカイトも無理なのね。それじゃあきっと、私にも無理よね」
「多分、そうですわね…」
 二人が話している間に、リンがゆっくりとしたペースでレンを回復していたが、そんなペースでは日が暮れてしまう。
「…ねえ、私にも手伝わせて」
 そういったのは、もう一人のリン――レンの姉だった。
 驚くリンの隣に座ってぶつぶつと呪文を呟く彼女は、とても強い魔力を感じさせ、かつレンにも退けられていなかった。
「大丈夫だよ、貴方も凄く強い魔力を秘めているのが分かる。きっといつかその魔力も目覚める」
「え?どういうこと?」
 リンはにっこりと微笑んで、答えはしなかった。
「…多分、これでしばらくは大丈夫」
 たしかにレンの体の傷はある程度の深さの傷なら消えて一番深かった傷も、随分と浅くなっていた。
 ふうとため息をついてから、それから姉のほうのリンは驚いている三人に向かって、微笑んでこういった。三人というのは、リン・メイコ・ルカだ。カイトは館についた途端、体力を使い切ってバタンキュウだ。
「みなさん、レンの本心、知りたくありません?」
「え?」
「普通は使えないんですよ、こんな魔法。でも、私、凄くがんばって覚えたんですよ。人のこころを覗く魔法」
「レンの…心を覗く?」
「どうですか?やってみます?別に皆さんが嫌なら、無理にとは言いませんが」
 三人は顔を見合わせて、うなずきあった。
「知りたい。レンの本心」
「…よかった。それじゃあ、はじめますよ。頭が少し痛くなるかも知れませんけど、我慢してください」
 そういってまた別の呪文をリンが唱え始めると、キンキンと頭に締め付けられるように痛みが走った。
 その少し後、頭痛が治まってリンが気を失ったままのレンに問いかけた。
「まず、貴方がこれまで一番多く感じてきた感情を、教えてください」
 気を失っているのだから、ちゃんと答えるはずもないだろう、そういおうとしたリンの頭に聞き覚えのある声が流れ込んできた。
『捨てないで』
「えっ――?」
 気を失っているはずのレンの目から、一粒の涙が流れた。
「ならば、二つ目。彼女らに貴方が抱いている感情は?まず、メイコさん」
『あったかい…』
「ルカさん」
『優しい…』
「では、リンさんは?」
『…ダイスキ…』
 レンの顔がほころび、なんとなく優しい顔になった。
 驚いたリンは
「えっ…」
 と声を出して赤面したが、他の三人は告白をする友達を取り巻く女子たちのような目でリンを見ていた。
 もう一度ふうとため息をつき、リンは魔法を解いた。
「ほほう、リン。そういうことかー。使い魔と主人の禁断の恋かしら?」
「ち、違うよ。母さん!」
「リン様、大人になりましたね」
「リンさん、レンをよろしく」
「ホントに違うんだってば!もう、レンの馬鹿!!」

リオンといいます。よろしくお願いします!
気が合いそうだな、とか思う優しい方はどうぞメッセージでもなんでも!!
一応プロフィールを↓
[性別]
女。
でも中身はだいぶ男が混ざっていると思う。

[年齢]
第一志望校合格しました!
一番近くの高校にいけます…。よかった。
でも結局中学校三年間ほぼ勉強しなかったな…。

[性格]
男勝りですが、こういうところでは結構きちんとした言葉使いだと思います。
好きなことはイラストを描くことで、投稿しようとしたんですが…。サイズとかなんだとかで訳が分からず断念…。
異性とも同姓とも仲良く出来ます!!
たまにお母さん的発言が出たり、吸血鬼みたいなことを言い出します。
「やめなさい!!」とか、「血、なめたい」みたいな。

[好きなボカロ]
全体的に好きですけど、特にすきなのはルカ・リン・レンです。

[UTAU]
最近、パソコンで使えるようにしました!!
大量にDLし、親に呆れられました…。

[その他]
最近、友人がボカロを聞いているうちにロボ声になったという話を聞いて、少しうらやましいと思ってしまったり、「瞳を閉じて」の前奏で「リナリア」を思い浮かべてしまう、末期症状患者です。
小説には誤字脱字が多く、リンレン小説ばかり書いています。
たまには別のキャラが主人公のも書いてみたいと思いつつ、ネタ切れ気味です。

ルカ、リン、レンは俺の嫁…ていうか、むしろその三人は俺でいいよ。もう。

最近の出来事。
○気付いたことですが、死別ネタがおおいですなぁ。
○声を作って歌ったら、ボカロっぽい声だな、って友達に言われたよ!やったね!!
○晴れて投稿四百個突破です!ありがとうございます!
 しばらくは何度か間が空くこともあると思います。ご了承ください。
○ブログと言う名の妄想のはけ口作りました↓
         http://sky.ap.teacup.com/kamuzo/
○月・水・金曜日は塾があるので、不定期に投稿を休むことがあります。すみません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP