【曲募集中】海籠硝子(かいろうグラス)【仮タイトル】

投稿日:2020/12/10 11:18:02 | 文字数:399文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

カイロウグラスと読ませたい。
カイロウガラスでもいいけど。

空き時間に書いてみましたので、曲募集致します。
>>ボーカロイド操れる方大歓迎!<<

要望は二点です。
①透明感ある静かめな歌 ②各Bメロは歌い方を変えてほしい
歌うのは誰でも構いません。

よろしくお願いいたします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
小さな世界で僕はひとり
透明な海を眺めてる
潮が満ち足に絡まる冷たさ
細波の上で待っている
B
僕の世界は移ろう季節はない
平行と均衡を保って流れる時間
いつか いつか 誰かの為に
乱れる日が来るかな
S
僕は何をしているんだろう
哀しみの雨はとっくに止んでるんだろう
枯れた空に何を求めてる
静かな世界で僕はひとり
裏側の理想に震えた
A
小さな世界で僕はひとり
色が変わる海を眺めてる
黒から蒼へ 蒼から朱(あか)へ
そしてまた黒くなり月が上る
B
僕の世界は止まらず動く
僕の心は凪ぐことをせず
溢れはしないけどぐずついて
蓋に貼るテープがまた増えた
S
僕は何をしているんだろう
慈しみの雨を酸性だと信じて
ねぇ 太陽と月だけの空
僕は星を見たことがないんだ

いつか いつか 誰かと共に
A
小さな世界で僕はひとり
透明な海を眺めてる
潮が満ち足に絡まる冷たさ
細波の上で待っている

歌詞を書きたい。19/11/18開始。
動画化
https://sp.nicovideo.jp/watch/sm36713943?ref=my_history

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP