玩具屋カイくんの販売日誌(134) 霧雨さんと、りりィさん(天使の雑貨と、天使のバッグ ~Part6)

投稿日:2011/12/25 21:32:48 | 文字数:1,181文字 | 閲覧数:70 | カテゴリ:小説

ライセンス:

新作の予想をするりりィさんと、その仕事仲間のやりとり...レンくんにとって、不思議なのは雑貨より、先輩たちのようですね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どことなく不思議な雑貨が、いろいろ並んでいる、りりィさんのお店、「星を売る店・上海屋」。

店に来ているのは、ゆくりさんと、ゆくりさんのところでアルバイトを始めたばかりのレンくんだ。

彼女たちが、りりィさんと話しているところへ、別のお客さんが入ってきた。
デザイナーの霧雨さんと、連れの女の子の2人だ。

「いらっしゃいませ」
にこやかに、2人を迎えるりりィさん。

「お邪魔します~。あら、私の作ったバッグがある!」
霧雨さんは明るく言うと、りりィさんに向かってにっこり笑った。

りりィさんも微笑むと、霧雨さんのそばに立っている女の子に向かって、声をかけた。
「いらっしゃいませ。このあいだも、この店に来てくれましたね」

「こんにちは」
彼女はあいさつする。
「霧雨さんの友達で、宝マガジンでアルバイトをしています」


●好評で、すぐなくなっちゃうわ!

「あらー、宝マガジンといえばー」
ゆくりさんが、のんびりとした大声を上げた。

彼女は、霧雨さんに向かって言った。
「いまアナタが作ってる、そのバッグ付きの“雑誌”を、出版してるとこねー?」
彼女たちは、笑ってうなずいた。

霧雨さんは、置いてあるバッグを手にとって、りりィさんに尋ねた。
「私のバッグ、よく売れてます?」
「ええ、好評よ。入荷すると、すぐなくなっちゃうくらいね」

それを聞いて、嬉しそうにうなずいて、店の中を見回した。

ちょっと薄暗くて、いろんな雑貨が並ぶ棚を見上げて、声を上げる。
「アラ!これも天使のシリーズね!」
彼女が指さしたバッグは、ルカさんが作っている「メグ・ハミング」の雑貨だった。

やりとりを聞いていたレンくんは、それを見て思わず、
「それと、霧雨さんのバッグと、似てますね」
と、言いかけた。
でも、口に出すのは止めておいた。


●次の新作がわかるなんて!

「そう、“メグ・ハミング”も、好調ね...」
りりィさんは、言った。

「そうねー。うちの方でも、売れ行きがいいわねー」
となりで聞いていた、ゆくりさんも言った。

りりィさんは、にこやかに続ける。
「春のシーズンになれば、“メグ・ハミング”の新作が出るけど、」
そう言って、ちょっと言葉を止めて、言った。
「私の予想だけど...次のそのシリーズは“ピクニック柄”になるかも知れないわ」

それを聞いて、レンくんは思った。
「ふぅん、りりィさんは、すごいなあ。次の新作が予想できるなんて...。スタッフでもないのに」
そう考えて、みんなの顔を見回した。

すると、そばにいる霧雨さんが、ギョッとした様な表情で、立ちすくんでいた。

「アレ、どうしたのかな...?」
彼女の顔は、近くにおいてあるレトロなランプの、灯りに照らされて、ちょっと蒼ざめて見えた。(・_・;)


(Part7に続く)

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP