悪ノ召使ノ物語Ⅲ

投稿日:2010/01/27 06:29:50 | 文字数:1,779文字 | 閲覧数:356 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

泣くなレェェェン!

前のバージョンにちょっとしたおまけがあります

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 その日僕は馬に乗り、隣国の緑の国に来ていた。

 緑の国は野菜が美味しいと聞いたから、最近野菜を食べたがらない王女にも食べてもらえるかな、そう、思ったのだ。
 そして、最後に寄った店には長い髪を横で結んだ、緑のあの子がいた。
「あれ、見かけない顔ですね」
 緑の子が僕に気がついた様だった。
「あ…えっと、この国の野菜は美味しいと聞いたので……」
「あぁ、他の国から。大変でしたね」
 緑の子が笑う。
 その優しげな声と笑顔。これが、『一目惚れ』というやつなのだろうか。

 僕は、幸せな気分のまま国に帰った。そして晩餐の時。
「リン。今日のサラダは緑の国のやつだから、きっと美味しいと思…」

 ダンッッッ!!!

 リンが机を思いっきり叩いた。グラスが倒れ、数枚の皿が床に落ち、割れる。
「緑の!!??あの緑の子の国の!!??何でそんな物持ってくるのよ!!!この役立たず!!!」

 パンッ。

 リンが僕の頬を思いっきり叩いた。リンの長い爪が頬を切り、血が流れる。
「…っ」
 リンは部屋を飛び出していった。一瞬、走り去っていくリンの顔が見えた。
「……」
 泣いていた。
 僕が、泣かせた。
 リンを泣かせる奴は、許さないと言ったのに。
 僕が。
 僕が、僕が、僕がっっっ!!!
「………あぁ、コレ、片付けなきゃな」
 僕は床に落ちた皿と料理を拾い始めた。

 リンは、玉座のある部屋に紫の大臣を呼んだ。僕は常にリンの隣に立っているから、大臣への命令は当然聞こえる。
 リンは僕がこの国に帰って来たばかりの様な、冷たい、静かな声で言った。
「緑の国を……滅ぼしなさい。レンも、行きなさい」
 僕は自分の耳を疑う。だが、すぐに現実を見る。
 リンが、緑の国を滅ぼせと。
 そういえば、リンは最近青の王子に手紙を書いていた。
 その答えを考える前に、リンが呟いていた。
「緑の子は………青の人を、奪ったんだから………」
 そうか。リンは青の王子が好きで、青の王子は緑の子が好きで…緑の子が消えれば、青の王子は自分の方に振り向いてくれると、そう、思ったんだ。
 そんな筈無いのに。
 自分の好きな人を殺した人間を、好きなる人がいると思うか?
「……リン、僕は…」
 そこで、言葉を止めた。
 リンは、そこまで馬鹿じゃなかった。ただ、感情にブレーキが利かないだけ。

 どんな理由であっても……僕が緑の国を滅ぼすのに変わりはない。僕は君の召使で、駒で、君の言う通りに動くのだから。歩兵(僕)が、女王(君)に逆らうわけがない。君の一言で、僕は捨て駒にでも何にでもなってやる。君が笑う事ができれば、それでいい。君が笑ってくれるのなら、それでいい。だから、
 ――だから、好きな人も殺してみせよう。

 緑の国は、地獄と化した。
 幾多の家が焼き払われ。
 幾多の命が消え。
 僕の涙は、炎に飲み込まれていく。そして、緑の子を見つけた。
「…」
 僕は、それでも泣きそうになる。
 だって、その時まで彼女は優しげに笑っていた。でも、少し、哀しげに笑っていた。そして、言う。
「解ってたの。王子様なんかにただの町娘が気に入られちゃいけないって。だって…
 私のせいなんでしょ?
 私のせいで、緑の国は死んで行くんでしょう?でも、私は少し救われた。
 ………好きな人に、殺してもらえるなんて、私は幸せ者ね。私だけ、幸せなまま死ぬなんて…駄目ね、こんなの。…けど、お願い。この、ただの町娘を、国を滅ぼした女を、その手で消して。
 ………大好きだから。私は、黄の国を怨んでない。あなたの黄の国を、忘れない。じゃぁ…バイバイ」
 ………駒は、命令通りに動くだけ。絶対にためらったりしない、筈、な、のに…

どうして?涙が、止まらない…



「ただいま、リン。緑の国は、炎に焼かれて無くなったよ。」
 僕は笑う。そして、
「そろそろおやつの時間だね。……今日のおやつはブリオッシュだよ」
 君も笑う。無邪気に笑う。



 緑の国を見渡せる丘。今日はここで緑の子に今の気持ちを伝える筈で、予め緑の子をここに呼んでおいたのに。
 緑の国は、黒に変わっていた。
 そこには、焼かれてもまだ緑色の死体が、あった。それを見て、彼は…
「絶対に、許さない」
 青の王子は、呟いた。

2人で1つのユーザーを使ってます! でもだいたいグーフがやってます

グーフ→妹
ボイスレコーダー→姉

グーフの自己紹介:
はじめまして!
そこら辺に転がってる中2です
小説・音楽・イラスト・動画を作っています
絵柄の変動が激しいっすー……すみません
ニコ動では『ちくおんKI』と言う名前で活動しています
よろしくお願いします!

ボイスレコーダーの自己紹介:

はじめまして ボイスレコーダーです
普段はリンレンの絵書いてます 「上出来♪」だったやつはどんどんアップしていきますので 

どうぞよろしくお願いします(_ _)

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ちょっwww最後www

    そういう意味かよぉ!「絶対にゆるさない」はぁ!

    アイス屋てwww

    2010/12/14 18:46:40 From  ゆとう

  • userIcon

    メッセージのお返し

    メッセージありがとうございます

    いや、そっちは出来心と言うか……
    本編では、そっちの意味ではありませんよw

    2010/12/14 18:51:45 グーフ&ボイスレコーダー

  • userIcon

    ご意見・感想

    私もアイス大好き!←食べる方でwwww

    2010/04/02 17:47:40 From  波漣

  • userIcon

    ご意見・感想

    ちょっ!!!!ぶっ!!!

    吹き出しちゃいましたよ!!!せっかく良い雰囲気でうるうるしてたのに・・・(ノ_;)

    青うける!!!アイスばんざい!!

    2010/04/01 20:17:54 From  波漣

  • userIcon

    メッセージのお返し

    メッセありがとうございます!!

    アイスは正義!www

    2010/04/02 06:49:27 グーフ&ボイスレコーダー

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP