バーンアウト

投稿日:2012/08/26 23:39:57 | 文字数:420文字 | 閲覧数:119 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

上を目指そうとする歌

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

称えられるのが当たり前で
貶されても何も言えなかった
全てを見下ろすために
わたしは天を目指す

非情階段を鈍足で上り続けて十余年
屋上から地面を見たら 誰もいなかった
どうせ もうすぐ昇降口からわらわらと出てくるのだろう
ボロボロの柵を越えて 飛び翔った

燃え尽きてしまう前に
早くわたしを見つけて お天道さま
まだ見ぬ光の向こう側へと 導いてください


気遣われるのが当たり前で
嘲笑われても何もできなかった
全てを ああ 呪いながら
わたしは空を睨む

机上の空論を怠惰に描き続けて十余年
未来から過去を覗いたら わたしはいなかった
きっと もうすぐ夢から目覚めて さらさらと灰になるだろう
ぽろぽろと滴飛ばし 泣き叫んだ

羽が融けてしまわぬよう
ずっとわたしを守って ねぇ お月さま
まだ知らぬ愛を教えてよ

「      」

燃え尽きてしまう前に
早くわたしを見つけて お天道さま
まだ見ぬ光の向こう側へと 導いてください

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP