八月、幸せな晩夏を

投稿日:2016/09/01 02:26:35 | 文字数:439文字 | 閲覧数:259 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

おはようございます(こんばんは)
構成とか知りたい方がいましたら気軽にメッセージ送ってくれれば幸いです。
よろしくお願いします。霧音。


あの日の君がきっと笑っている
君の顔を直接見たわけじゃないけど
あの曇り空から感じていた

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

最終電車を通り越して
聞いた君の声を忘れて
見送る笑顔 過ぎ去る夏 伝う 「拝啓、幸せな晩夏を」

虚ろな目で眺めた秒針を シグナルで遮ったら
八月に悼む
流れ出した色彩感にさらわれる君と夜明け前

...羊を数えている 今日も …境界線に立った僕は

最終電車は去ってった 箱庭の雨へと続いていた
ふと笑い声が聞こえた 振り返った 一人 「拝啓、幸せな晩夏を」

偶然、街で、見かけた、あの人が あの日の、君に、似ていて...
舞台裏からの...カーテンコール... 「この喪失感じゃ、忘れものも忘れちゃいそう」

...光が射している 明日へ ...音が冷たくなる未来へ


もっと
願えば叶わないことも増えるけど
もう少し生きていけるなら

空...
感化されている...
自分を晒している
誰かを奪っていく...
あの夏空に霧はない



「この声が聞こえますか」



敬具、海の底から終わりを告げる音がする。

忘れものはありませんか

霧音です。詞を書いています。
曲付け、イラストを描いてくださる方は1度メッセージを送ってくれると幸いです。
よろしくお願いします!

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP