君が思うより残酷で

投稿日:2012/09/07 00:40:39 | 文字数:748文字 | 閲覧数:151 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

燃え上がる禁断の恋、みたいなのを書こうとしていた記憶があるのですが、
気がついたらなんかちょっと違う方向に行ってしまってました……

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

逆さまの月が見ている
背徳の罪を啜る私を
清冽な影は裁きの火のように
穢れた瞳に咎を烙きつける

君が思うより残酷で
私欲に眩んだ 私の魔性

この首繋ぐ銀の鎖で
哀れな翅を彩り立てて
君という蜘蛛の巣に絡まろう
この身吸い尽くされるまで


賢しらな月は欠け果てて
熟れすぎた夢の潰える匂い
夜風に咽ぶ狭間の道を
お帰りなさい さあ、この夜から

君が思うより残酷で
優しく真摯な その眼差し

名残惜しむその手を離れたら
二度と見えることもないけれど
いずれまた、と微笑み 見送ろう
君を欺き尽くすまで

忘却の森を抜け 明時に
君が在るべき場所へ還るころ
闇に繋がれた私一人きり
月の刃に露と消えるとも



---(※以下、全ひらがな表記/適宜空白を入れてあります)---



さかさまのつきが みている
はいとくのつみを すするわたしを
せいれつなかげは さばきのひのように
けがれために とがをやきつける

きみがおもうより ざんこくで
しよくにくらんだ わたしのましょう

このくびつなぐ ぎんのくさりで
あわれなはねを いろどりたてて
きみというくもの すにからまろう
このみ すいつくされるまで


さかしらなつきは かけはてて
うれすぎたゆめの ついえるにおい
よかぜにむせぶ はざまのみちを
おかえりなさい さあ このよから

きみがおもうより ざんこくで
やさしくしんしな そのまなざし

なごりおしむ そのてをはなれたら
にどと まみえることも ないけれど
いずれまた とほほえみ みおくろう
きみを あざむきつくすまで

ぼうきゃくの もりをぬけ あかときに
きみが あるべきばしょへ かえるころ
やみにつながれた わたしひとりきり
つきのやいばに つゆときえるとも

歌詞とか絵とかでまったりと活動しています。
見てくださる方、反応くださる方、みなさまありがとうございます ^^*

歌詞はだいたいいつも曲募集中です。
タグはついていたりいなかったりしますが、
タイトルや説明に応募・コラボ用などの表記がないものでしたら
どうぞご自由にお使いください。
その際、事後でも構いませんので、ご連絡をいただけると嬉しいです。

※ときどき過去作品を整理しています。
見てくださった方、コメントやタグくださった方、
ありがとうございました m(_ _)m

その他:
なんちゃって歌みた用ぼいすぶろぐ → http://www.voiceblog.jp/mileka/
ときどきつぶやいてるついったー → http://twitter.com/karan0317


歌詞とかイラストとか使っていただけた曲&動画:
(詞)http://piapro.jp/bookmark/?pid=mileka&view=audio&folder_id=49803
(詞)http://www.nicovideo.jp/mylist/10651566
(絵)http://www.nicovideo.jp/mylist/10651575
お世話になりましたみなさまありがとうございます!


歌詞のイメージイラスト推進スレ:
http://piapro.jp/a/bbs/?view=thread&id=10296&start=1
これは良い企画! と思ったので貼らせていただきます♪

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP