好色竹取奇譚

投稿日:2013/10/18 18:11:30 | 文字数:522文字 | 閲覧数:971 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

竹取物語を元に妖艶で淫靡な世界を描いてみました。
曲のイメージとしては和風です。

文字数は合わせたつもりですが、不自然な部分や合わない部分がありましたら修正致します。
サビ1と2を最後でも繰り返していますが、曲作りの際に長いようであれば切っても構わないです。

ボカロはミクとしていますが、特に拘りは無いので女性ボカロであれば誰でも大丈夫です。
前から構想があって練ってた作品なので、何とか曲として形に残したいです。


■追記■
ちょっとくどい様な気がしたので、大サビ前に入れていたサビ1とサビ2の繰り返しを抜き、代わりにCメロを差し込みました。
Cメロは5・7・5・7・7という文字数になっています。
以前のままだと歌詞の内容に薄さを感じたので、Cメロで少しだけ切なさを追加してみました。
合わせて、一部納得のいかない表現があったのでサビ2の最後の部分の歌詞を変更しました。
作曲の際に、もし以前の方が作りやすい等の御要望があれば合わせます。
お気軽に仰って下さい。
宜しくお願い致します。

■追記■
曲を付けて下さる方が決まったので、曲募集を終了致します。
ご覧になって下さった方々、ありがとうございました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(サビ)
童 床就きし 朧月夜 語らるる 昔噺
妖しく 穢れたり乙女 好色竹取奇譚


(Aメロ1)
天の羽衣 纏い 世の殿方を 魅了
誰も彼もを 誘い 今宵またもや 夜伽


(Bメロ1)
万葉乱れて 色欲乱れて
夜闇に 響くは 甘い声音


(サビ1)
啼いて 啼き叫べ 導かれし 享楽の 快楽なり
現世 全てを忘れて 今は蜜に溺れよう
いつか 消え逝くは 天の運命 それならば この時だけ
束の間 淫靡なる闇へ 堕とし閉じ込めて欲しい


(Aメロ2)
穢れし姫の 姿 美しき事 至極
妖艶たるや 香気 此の世の物に あらん


(Bメロ2)
落葉重ねて 艶肌重ねて
閨から 洩れるは 甘美な息


(サビ2)
突いて 突き徹せ 一晩中 身骨を 揺さ振られて
言の葉 紡ぐ間も無く 口づけの嵐が吹く
殿の 果てる顔 覗き見れば 渇きたり この心に
潤い 染み入り満たらす 生を感じる一時


(Cメロ)
誰そ彼に 落とす紅涙 馳せる思慕
知る人もなく 何処へ消えゆく


(サビ3)
果てて 果てて尚 貫かれし 白き肌 桜に染めて
望月 輝く夜陰に 余情残し昇天す
童 床就きし 朧月夜 語らるる 昔噺
妖しく 穢れたり乙女 好色竹取奇譚

初めまして、MEGUP(めぐぴ)と申します。
成人済な♀です。
楽譜が読めない残念な奴なので、歌詞専門です(; ・`д・´)ノ
いつか私が書いた歌詞に誰かが何かを感じて貰えたら…というのが夢です。
それまで歌詞作りに精進します!!!!
日々、自分の文学的才能の欠落ぶりに打ちひしがれております。

色んなジャンルの物を書きたいと思ってるので、機会を与えて下さると泣いて喜びます★
曲先、詞先、どちらの依頼も承ります。
どんな歌詞でも全力で挑みますが、その中でも得意なのは切な系と厨二歌詞だと思います。
皆様宜しくお願い致します。


[社会人でも音楽・ボカロで楽しみたい]コラボ様のアンケート
1)コラボや依頼しても良いかどうか
→もちろんです。むしろこちらがお願いしたいです。

2)コラボや依頼できる内容
→すみません、作詞しかできない奴です(´・ω・`)
 動画は現在勉強中です。。。

3)コラボ相手を募集しているかどうか
→もちろん大絶賛募集中です(; ・`д・´)ノホントお願いします。


★ツイッターやってます★
ID:menchos
注意:主にヲタ友と絡んでいたりするので、腐発言や痛々しい会話が繰り広げられています。
   フォローする際は御注意下さい。
★スカイプ★
アカウント:megunardo-ortolani
注意:友人と通話・チャット中だったりで反応できない時もあるかと思います。
   チキンなので親しい間柄じゃないと通話には出ない可能性が大です。
★マイリス★
http://www.nicovideo.jp/mylist/28494680

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    できました。。(o_ _)o
    http://piapro.jp/t/9vXj

    問題ありましたらよろしくおねがいします。

    2011/11/16 03:58:53 From  ぬる

  • 「好色竹取奇譚」 作詞 MEGUP

    by ぬるさん

▲TOP