Snow Angel

投稿日:2016/02/06 03:29:58 | 文字数:799文字 | 閲覧数:119 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/t/mVp2

上記の楽曲への応募用の歌詞です。
冬生まれかつ都会育ちにつき、雪が解けるのが小さい頃からすごく悲しくて。
もしかしたらこの歌詞の世界観に一番泣かされているのは私自身かも、というほどに入れ込んで書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

冷たいアスファルトの上に
真っ白な羽根を舞い散らし
憧れてたはずの世界は
人も街も灰色だった

ああ 生き急ぐかのような人波の中
そう 君だけが私見てた

色を無くした世界を染める
まだ見ぬ虹の輝き宿す
君の瞳に心目覚めた
まるで冬空に 花咲くように

春を彩る桜吹雪
海に降りしきるマリンスノー
赤く燃え立つ紅葉の色
まるで目に浮かぶようだった

ああ そっと触れた君の細い指先
そう 悲しいくらいに熱い

一夜限りの夢であるなら
忘れ得ぬほど綺麗な夢を
次の夜明けが訪れたなら
きっと輝きに 融けて消える

ただ 君の傍 ずっと いられたなら

(アサヒガノボリ マチハメザメル マボロシノヨウナ シロイユメカラ)

同じ季節がまた巡っても
同じふたりに戻れはしない
それでも繋ぐ儚い願い
せめてその胸に降り積もらせて


つめたいあすふぁるとのうえに
まっしろなはねをまいちらし
あこがれてたはずのせかいは
ひともまちもはいいろだった

ああ いきいそぐかの(よう)なひとなみのなか
そう きみだけがわたしみてた

いろをなくしたせかいをそめる
まだみぬにじのかがやきやどす
きみのひとみにこころめざめた
まるでふゆぞらに はなさく(よう)に

はるをいろどるさくらふぶき
うみにふりしきるまりんすのー
あかくもえたつもみじのいろ
まるでめにうかぶようだった

ああ そっとふれたきみのほそいゆびさき
そう かなしいくらいにあつい

ひとよかぎりのゆめであるなら
わすれえぬほどきれいなゆめを
つぎのよあけがおとずれたなら
きっとかがやきに とけてきえる

ただ きみのそば ずっと いられたなら

あさひがのぼり まちはめざめる まぼろしの(よう)な しろいゆめから

おなじきせつがまためぐっても
おなじふたりにもどれはしない
それでもつなぐはかないねがい
せめてそのむねにふりつもらせて

Twitter: @morisato_snow

これまで趣味で好きな英語歌の「歌うための訳詞」を書いたり、アニメのBGMに歌詞をつけたりしてひっそり遊んできました。
(訳詞は翻訳権の問題があるので公開は一切していません)
このたび、作詞家を目指したいと考えアカウントを作成しました。
月1のペースで歌詞募集に応募していこうと思っています。
もし、歌詞作成依頼を下さる奇特な方がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にご連絡下さい。

歌詞を使用していただいた楽曲
negidarake様『ことのは』

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    Astreと申します。
    この度は歌詞を応募して下さりありがとうございました。

    歌詞を拝読させて頂きました。自分も同じく雪解けに切なさを感じるので世界観が物凄く好きです。
    ストーリーラインの流れ(2番サビ終わりの静かになる部分で「融けて消える
    」という歌詞を充てるなど)も曲に合っていると感じました。
    改めてこの度はありがとうございました!

    現在複数のご応募を頂いているため、誠に勝手ながら応募期間終了後に選考をさせて頂く予定です。選考が終了しましたら再度連絡させて頂きますのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m
    長文失礼致しました。

    2016/02/07 17:12:54 From  Astre

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP