望郷

投稿日:2010/11/13 10:27:18 | 文字数:325文字 | 閲覧数:29 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

救われない歌詞ですみません。

ある方の本を読んでムラムラして作った歌です。そしてくるりにも多分に影響されています。
音は後ほど上げます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

のし掛かりそうだった空が
澄んだような気がして
人ばかり多い街ながら
冬を感じている

冷たい雨が降っても
乾ききっているから
寒さは慣れているけど
どこか風邪を引きそうな日もあるよ

明日僕の歌がラジオから流れる
誰かの胸に届いたらいいな

夢を一つずつ叶えていく
胸を張れるはずが
声も聞けず案ずるだけで
肩を竦めている

二人同じものだけを
追いかけていたなら
箱詰めの住処なんて
広く感じることはなかったのだろうか

明日僕の歌がラジオから流れる
誰かの胸に届いたらいいな

最後のキスの味は
ほろ苦いジンジャーエールみたいだった

明日僕の歌がラジオから流れる
あの街までは届かない
受話器を置いたまま巡らせた想いは
この胸だけに響かせよう

ニコニコ動画でレンフルPの名を頂きました。
ミクたんペロペロちゅっちゅ。

産物→http://www.nicovideo.jp/mylist/13417750

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/32

もっと見る

▲TOP