さよならなんて嘘をついて
アブノーマルな時間になって
カリスマじみた言葉を待っている
暗視化する愛の具合によって
肩書きが痛く映ってたって
欠陥品書き換えて待ってる

愛情は冷凍中 冠婚葬祭miss you
集まればいいのに乗っかって
階乗承認欲求
起業家から逃走中
瞑想とオートチューンで誤魔化して

また最低になっていく 空っぽになっていく
狭間変わってくNOを逃げ出したって消えない様な僕と
最低になっていく 理論に縋っている
頭と成功論を着飾っちゃってんのだ

勝ち組だって声を聞いて
本命が伝わらなくたって
勝手に見てもう傷がついてる 
監視下の古びた鳴り物だって
書き順が少し違ってたって
拡大で違う風に舞っている

僕ら最低になっていく 空っぽになっていく
狭間変わってくNOを逃げ出したって消えない様な僕と
最低になっていく 理論に縋っている
頭と成功論を着飾っちゃってんのだ

最低になっていく 空っぽになっていく
薄まる内心ちょっと呟く精神忘れないように
最低になっていく 理論に縋っている
頭の健康対す衝動奪っちゃっても

頭と成功論を着飾っちゃってんのだ

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • 作者の氏名を表示して下さい

最低になっていく 歌詞

閲覧数:134

投稿日:2023/07/06 21:01:08

文字数:489文字

カテゴリ:歌詞

オススメ作品

クリップボードにコピーしました