ネガ / 歌詞

投稿日:2020/04/18 00:03:05 | 文字数:691文字 | 閲覧数:1,565 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

【AIきりたん・ミク・IA】ネガ【オリジナル曲】( https://www.nicovideo.jp/watch/sm36666328 )としてニコニコ動画等に投稿した作品の歌詞。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いまからいっせーのせで距離が墜ちてきて
またたき僕のこと、忘れられるとしたら
ねえ

夜を超えてしまう
この体は僕に重すぎる
何故か息は湿る
この鼓動が刺さる
先が見えなくなる
今、髪が揺らいで風を切る
意味を決めてしまうのはやめて

変わるかたちをあぶるように"嫌い"を連ねてる

このままずっと隠してたいの。どうか、いつまでだって咲かないように。明日がいっそ来なけりゃいいな。そうだ、そうすればきっと痛くはないや。
重りを削いで喘いだ蝶は、飛び立つ。寄せては返すうねりの前に、その身捩って焼かれるように、はばたく。傷つく翅が寂しく綺麗。
息をひそめ僕はじっと誰もいない場所になって、これは僕のための情景。奇跡はなくても。

夜は朝が溶かす
この命は僕に軽すぎる
何故か息は湿る
あの鼓動は見えぬ
影が見えなくなる
今、枷が揺らいで堰を切る
意思、置き捨てていくのはやめて

ガラスの中で泳ぐ金魚
言葉に釣られてる

このままずっと隠してたいの。どうか、いつまでだって咲かないように。明日がいっそ来なけりゃいいな。そうだ、そうすればきっと痛くはないや。
重りを削いで喘いだ蝶は、飛び立つ。寄せては返すうねりの前に、その身捩って焼かれるように、はばたく。傷つく翅が寂しく綺麗。
欠けた言葉、刺さるように繋いだ場所が色づいて、美しいから怖くなって、それでも生きて

手と手を取るための孤独がいつか神すら悲しませるだろ
そうだろ

いまからいっせーのせで距離がほどけたら
あなたに触れる度、軋むほど遠いから
これから一生抱いていける傷ならば
君にも僕のこと、みえているのでしょうか
ねえ

曲を作っています。詞は苦手です。ミクさんとIAさんに歌ってもらっています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • ネガ / offvocal

    by からうるりさん

オススメ作品10/15

もっと見る

▲TOP