この夏のすべて 歌詞

投稿日:2018/06/21 11:05:54 | 文字数:339文字 | 閲覧数:125 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜のベランダで歯磨き 夏が瞬いている
遠くの街から 祭りばやしが聴こえてくる

あの海ゆきの 露面電車のなかでみつけた
天使みたいなきみが この夏のすべて

いま映画みたいにぼくら スローモーションになった
シネスコのワンシーンが この夏のすべてなんだ

風鈴がきらきら 金魚はふわふわ泳いでいった
記憶の底から 祭りばやしがいま黄泉帰る

あの海ゆきの 露面電車のなかでみつけた
天使みたいなきみが この夏のすべて

いま映画みたいにぼくら スローモーションになった
シネスコのワンシーンが この夏のすべてなんだ

あの海ゆきの 露面電車にのって往こうよ
花火つめた袋が この夏のすべて

嗚呼、火をつければ終わるよ 幾千の光はなって
短すぎてこまるけど この夏のすべてなんだ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • この夏のすべて (off vocal)

    by 平田義久さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP