君の掌と僕の掌の隙間

投稿日:2011/09/24 19:27:05 | 文字数:588文字 | 閲覧数:76 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

君の掌と僕の掌の隙間の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君の掌と僕の掌の隙間




誰に伝えたいわけでもない だから辛くはないなんて
嘘なのかさえもう 今は
わからなくなって

僕が僕であるためのもの だけど
本気じゃないなんて
ちょっと昔までの話し
素敵な話し

いつのまにか 月が生まれて
星が生まれて 虹が生まれて
空はきれいで 僕が生まれて
君が生まれて 唄が生まれた

きっと未来は思ってるよりも
自由なものだから
たくさんの悩みも迷いも
書き溜めておこうかな

もう叶うことのないものでも
信じていいのかな
君の掌と僕の掌の隙間から
こぼれた大切な唄


落ち込んだりした時に 少し
吐きだしたため息は 白く
君とケンカした時の
少し汚い言葉も

感情を変えれば ほら
いい感じの詞になるね そして
そうやって積み重ねたものが
本当の僕

愛してると 愛してるで
結ばれた お似合いの2人
ただ2人は どこか同じで
どこだろう 何故だろう

君がずっと歌っていた唄は
思い出であるけれど
君の掌の温もりは今も
感じない わからない

もう叶うことのないものだけど
信じ続けるずっと
君の掌と僕の掌の隙間から
聴こえる大切な唄


君の掌と僕の掌が二度と
重なることはないから
たくさんの悩みも迷いも
書き溜めておいたんだ

一度開いた隙間は二度と
戻らないものだけど
君の掌と僕の掌の隙間を
埋めようかこの唄で

ボカロPの下っ端として活動させていただいています。
音源や歌詞の二次使用、歌ってみた・演奏してみた等の動画投稿など大歓迎です。(非営利目的に限ります)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP