優しい傷跡-魔法の音楽時計- 第00話「プロローグ」

投稿日:2009/01/22 01:30:05 | 文字数:2,529文字 | 閲覧数:933 | カテゴリ:小説

ライセンス:

【登場人物】
増田雪子
・帯人のマスター

帯人
・雪子のボーカロイド

咲音メイコ
・警視庁特務課の刑事でありボーカロイド

始音カイト
・警視庁特務課の刑事でありボーカロイドでありバカイト

メイト(教授)
・大学病院の義肢専門医
・ボーカロイドの修理や、義肢利用者の治療もしている

アカイト(助手)
・メイト教授の助手
・音楽療法を研究している
 大学院生時代には「音」について研究をしていた

【コメント】
ついに始めました。
第二部「優しい傷跡-魔法の音楽時計-」です。
今回はまだプロローグなので、ストーリーは始まっていません。

ちなみに今回の話の特長は、「曲巡り」です。
いろいろな曲の世界を巡ります。
ただ巡る曲は、アイクルの好みで選んでいますからねww
あとは「キャラクター」です。
曲のなかに登場するキャラも扱うので、半端ない数になるかと…。
あとは曲からの派生キャラ(?)を取り扱います。
キャラがごっちゃにならないように気をつけてくださいね^^

それじゃあ、またー♪
アイクルでした!≧ワ≦

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

その日は雨だった。

雪子と帯人は、いつものようにコンビニで買い物をして帰っていた。
傘にはじかれた雨が単調なリズムを刻む。
その音はとても好きだ。
でも、帯人は「雨は苦手」だと言う。
…おそらく、あの日も雨だったから。

受け入れたはずの過去。
でも、どうしても心にわずかな傷を与える。
ときどき疼くその傷を、背負っていかなければならない。
けれど、それはとても辛い。

「もし、過去を変えれるなら、どうする?」

なんて意地悪なことを尋ねたら、
帯人は「うーん…」と繰り返すだけで答えなかった。
おそらく答えはあるのだろう。
けれど私の前で言ったらいけない。なんて、気を遣っているんだろう。
私は「ごめんね」と一言残して、自動販売機に駆け寄った。

「なんか、買っていこう?」

「うん…」

「そんじゃあ、そーだなー…うーん…」

「僕は…紅茶がいい」

「あ。じゃあ、私もそれにしよう♪」

私たちは紅茶を二つ買った。

帰り道の途中にある横断歩道で、私はこんなことを提案した。

「ねえ、明日。学校に行かない?」

「…がっこう?」

「うん。うちの学校は人の出入りが盛んだから、全然バレないよ?
 明日、図書館で本を借りたいの。
 一人で行くのもなんだから、つきあって欲しいなー、なんて」

彼は少しためらっていたけれど、うなずいてくれた。

「じゃあ、約束ね」

雪子は帯人の前に立ち、スッと小指を出した。
帯人はその意味が理解できなかった。
雪子は首をかしげる彼の手を掴み、彼の小指に自分の指を絡めた。

「ゆびきりげんま!
 うそついたら、はりせんぼん、のーます!
 ゆびきった!」

「…指は切っちゃ、駄目…」

「今のは約束を破らないためのおまじないだよっ。
 約束だからね。
 明日は絶対、学校にに行こう」

「…うん!」

帯人は小さく微笑んだ。
その笑顔はコスモスみたいに健気で、可愛らしい。
私はそのまま手を絡めた。

「手、つなご」

今度は困った顔をする彼。
でも、やっぱり微笑んでいた。


     ◇


同時刻。とある大学病院の一室にて。

薬品の独特の臭いが鼻を刺す。
そんな研究室の隅に、メイコは待たされていた。
呼び出していた張本人が、コーヒーを両手にもってやってくる。
彼の髪の毛、目元、顔立ちはメイコにそっくりだった。

「久しぶりだな。姉貴」

「一ヶ月ぶりってとこね。…その「姉貴」っていうの、やめない?」

「製造月日は姉貴のほうが二分五十秒速かったんだ。
 間違っちゃいねーぜ?」

「…まあ、いいわ。ねえ、メイト。本題に入って。どうして呼び出したの?
 取り替えた義肢に不具合はないわ」

「それとは別件。今回の俺は愛のキューピットなわけ」

「ハァ?」

「まあ、見ろって」

そういって、メイトは部屋の隅に置かれた大きな箱に近寄った。
布で覆われたそれはメイコとほぼ同じ大きさだ。
メイトはニヤリと笑みを浮かべながら布を取る。
そこには、メイコによく似たボーカロイドがいた。
でも明らかに顔立ちが若い。

「…わたし?」

「新しいボディだ。でも、年齢設定が違う。
 このボディの年齢設定は16歳。身のこなしも楽になるだろーよ」

「メイト。あんたがこれを?」

「だから言ってんじゃん? 今回の俺は「キューピット」ってさ」

嫌な予感がする。

「バカイトの仕業ね」

「おいおい。あからさまに嫌な顔するなよ。
 まあ、察しの通り、彼からのプレゼントだ」

「それ、返品しといて」

ここまでしてくるなんて、ただの変態じゃない!
しかし、メイトは首を縦には振らなかった。

「そりゃできねーよ」

「どうして?」

「…このボディは、この前の詫びだってさ。
 間に合わなくて、悪かったって」

「…」

「もらってやっても、いいんじゃねーの?」

「しかたないわねぇ…」

メイコは悪態をつきながらも、けっきょくそのボディを受け取ることにした。

さっそくシステムとデータの全てを移動させるため、メイコは違う部屋へ
案内されることになった。
その途中、病棟にいる患者たちの姿をたくさん見かけた。

「…ねえ、メイト」

「ん?」

メイコの視線の先には、開け放たれた病室の扉があった。
そしてその部屋には、眠り続ける顔のよく似た少年少女がいた。

「どうして彼まで寝ているの。…あの子は看病しに来てたんじゃ…」

「先日、ぶっ倒れたんだ。原因は不明。今は眠り続けてる」

「彼女もまだ目を覚まさないのね。
 あの事件から、もう一年は経っているのに…」

「あの子だけじゃない。
 あの事件に遭った子の多くは、まだ目を覚まさねーんだ」

悔しそうな顔をするメイト。その表情はどこか切なかった。

そのとき、きれいな音が聞こえた。
病室から聞こえる悲しげなメロディ。
それはオルゴールの音だった。

「誰かいるのかしら」

「まーた、アカイトが音楽療法とかいって、
 いろいろ音楽を流してるんじゃねーの?」

「アカイト君って、あの大学院生の「音」を研究してた子?」

「そうそう。まあ、今は俺の助手だけどな」

メイトはそういって、歩幅を広げた。
メイコは知っている。
彼は、病棟というものが苦手なのだ。
特に目を覚まさない、意識不明の子。
助けられない人のいる病棟が、すごく嫌いだった。

メイコもその場を後にした。
悲しげなメロディがいつまでも、廊下に響いていた。


     ◇


  同時刻。其れは何処かで。

  嗚呼、早く、早く。

  悲劇の物語は続く。

  悪夢は終わらない。

  物語をなぞるだけでは、変わらない。

  変えなければならないというのに。

  此処は彼女のいるべき場所じゃない。

  貴女には貴女の世界があるんだ。

  嗚呼、誰か、誰か。

  彼女を救ってください。

  私には其れができないのです。

  私には改変するための筆がないのです。

  嗚呼、誰か、誰か。

  私は「書き手」を捜さなければならない。

  彼女はまだ―――

【お休み中】

===========================================

「優しい傷跡」は三部作ですが、三部の途中で書けなくなりました。
続きは書けませんが、そこまでのお話は残しておくつもりです。
二次創作やら派生やらは、一言いただければ基本okです。
これからは何となく書いた歌詞を載っけていくつもりです。
よろしくお願いします。

帯人・がくぽ・ミクオ・欲音ルコが大好きです。

下から飛べますよ♪

===========================================

優しい傷跡
http://piapro.jp/content/7q5hqtkfhff7gpll

優しい傷跡 番外編
http://piapro.jp/content/prenayotf2qetyrj

優しい傷跡-魔法の音楽時計-
http://piapro.jp/content/p6xkwgja3thb4jvs

優しい傷跡-君のために僕がいる- (中断)
http://piapro.jp/content/3itb7ja54w5dp7y1

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP