夏を見た夢

投稿日:2018/06/11 07:07:42 | 文字数:434文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞 NYAMA/前田 遼
作曲 前田 遼


この歌は、天宮耀子さんの依頼で音楽を製作し、一つの音楽を違った歌詞で作ろうというもとでできた音楽です。
今後、この歌にのせて天宮さんが作詞した音楽も投稿される予定です。

天宮耀子さんのYouTubeチャンネル
https://m.youtube.com/channel/UCjEtCcJs8udxVdSd8I0WUpg

ぶろぐ
https://profile.ameba.jp/ameba/ureshiipyonn

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
流れついた僕は 錆びついた声の中で
耐えきれずそっと 目を閉じてた
砂に描いた影 青色に焼けた海は
きっと悪いカゲロウなんだろ
B1
あの日夏の帰り道 風に追い越されて
透き通るような季節が 君の姿 滲ませた

S1
夏の色が僕に夢を見せた
胸を焦がすほどの
潮の匂いがした
遠く波が光を砕くように
君と見たこの場所で
そんな微かな声が聞こえた


A2
茜空は僕を 臆病者に変えて
耐えきれずそっと口を噤(つぐ)んだ
あの日僕はなんて言えばよかったかな
洗い流す 雨が降ればいいのに

B2
あの日咲いた花火の音が不意に聞こえた気がして
そっと胸に手をあてて 空に終わりを告げた

S2
夏の空が僕に夢を見せた
夜空に流した涙の理由(わけ)も
咲いて消えた打ち上げ花火のような
君がいたこの場所で
そんな淡い声が聞こえた


LS
夏の空にそっと終わりを告げた
夜空に託した涙の跡も
咲いて消えた打ち上げ花火のような
君がいたこの場所で
そんな淡い声が聞こえた

ボーカロイドの音楽を作ってます。
よろしくおねがいします

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【カイト】 夏を見た夢 オリジナル

    by まえだりょう。さん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP