【がくルカ】memory【17】

投稿日:2012/11/07 22:28:57 | 文字数:1,669文字 | 閲覧数:689 | カテゴリ:小説

ライセンス:

「動作」


お久しぶりですmemoryです。
今度こそ、次回、ゆかりさんの過去が明らかに(?)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

たった少しのことだけで




----------




「じゃあ、次はここね」


初音先生の言葉で、今日も劇の練習は進んでいく。
なんでもないような光景に見えるが、本当はそうでもなくて。
放課後の講堂での練習は、私にとって少し特別になっていた。
今日は九月十三日。学園長が失踪してから、一週間が経とうとしていた。


「うーん…なんかなー…」


演劇部の顧問である初音先生は、あれやこれやと指示を出しながら、頭を抱えていた。
いろいろと忙しい人だよね。


「んー…巡音さん、さっきの指示の通りに動くと、髪が当たって痛くない?」
「あ、そうなんです。さっきから腕に当たって痛くて…」


しかも、意外と痛い。
なんかすごいな、私の髪。
どうなってんだよって思うけど普通の髪…のはず。


「髪をまとめることができれば…あ、ポニテにしたら、役として良さそうかも」
「ポニテ、ですか。でも…私、ヘアゴム持ってきてないんです…」
「あー…」


初音先生が困ったように当たりを見回す。
ヘアゴムの予備を持っていそうなのは、初音先生か神威先生の二人しかいない。
初音先生は、多分今日は持ってきていない。
神威先生も考えこんでいるから、多分予備はないんだろう。
……まぁ、神威先生から何かを借りるのは、私にはできないだろうけど。
そう思って、断ろうとしたときだった。


「……俺のを貸そうか?」
「……え?」


突然、神威先生が口を開いた。


「俺のでよければ、貸すけど」
「え…でも、それじゃ神威先生は」
「いいよ、別に…下ろすのも、悪くはないから」


今現在、神威先生は演技の都合上眼鏡を外し、コンタクトにしている。
それだけでも新鮮なのに、これで髪下ろしたら……うん。
なんか、いろいろと心臓に悪くないですか?

結局、神威先生は選択肢を与える気はないらしい。
彼が髪を下ろし、きれいな紫の長い髪が広がった。


「はい」
「…ありがとうございます」


おとなしくヘアゴムを受け取る。
少しだけ触れた彼の手は、やっぱり温かかった。


「えーと…ポニーテール、ですか?」
「うん…できれば」


結ぼうとしたけれど、ポニーテールなんて私は結んだことがない。
なかなか結べないでいると、神威先生は私からゴムを奪った。
そして、私の髪を慣れた手つきで結んでくれた。


「あ…ありがとうございます」
「いいよ。俺は慣れてるから」


彼のちょっとした動作で、私の鼓動は簡単に高鳴る。
たった少しのことだけ。それだけで、私の心は揺れるのだ。


「うーん…神威先生と巡音さんは、こっちの髪型のほうがいいんじゃないですか?」
「確かに。そうしたほうが劇でも目立つかもしれないね」
「うん…この感動を、誰かに伝えたい…!」
「リンさん、落ち着こうね。そして台本に付け足しといてね」


初音先生、何か凄いことがあると人って落ち着かないんですよ。
あと、リンさんと同様に、私もこの感動と嬉しさを誰かに伝えたい。
でも伝える人がメイコかグミちゃんしかいない。


「よし…じゃあ、再開しましょうか!」











「ルカ、今日も練習お疲れ」


練習が終わり、誰もいなくなった講堂で俺はルカに声をかけた。


「お疲れ様でした。…神威先生、その…」
「何?」
「このゴム…ありがとうございました」
「ああ、うん」


だが、ルカは手にゴムを持ったまま、俺に返そうとはしなかった。
…なんとなく、彼女の行動の意味が、わかったような気がする。


「ルカ、それ…そのまま持っててもいいよ」
「え…?あ、はい…」
「今後の練習でも使うだろうし、それに…」


俺は、そこで言葉を切った。


「さて…俺もそろそろ戻るか(職員室に)」
「神威先生…」
「はいはい、なんでしょう」
「その…気をつけて帰ってくださいね」
「…あぁ、ルカもな。また明日」


そして、俺とルカは講堂を出た。


そして、数日後、学園長は学校に姿を現した。

のほほんと生きる物書きです。
ギャグから真面目なものまでいろんなジャンルの小説を書いています。
…のはずが、最近はがくルカを書くことが多いです。


IN率低いです。
マイページ以外では「かなりあ荘」というコラボに出現します。

全体的にgdgdなものが多いです。
小説は、自己解釈もオリジナルもやってます。
だいたいはその場のノリで書いてます。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ポニテのルカさん……hshshshshshshshs(こないだからうるせえよ
    だってhshsもんでしょ!!何このスーパー俺得展開!!
    リンさん、その感動を共有しましょう!!ついでにリンちゃんな(黙れ変態

    なんかこの劇リアルタイムでそばで見てたい。
    (いろんな意味で)
    面白そうだ!

    学園長、神出鬼没。
    あなたはなぜそこまで神出鬼没なのか。

    2012/11/08 23:56:21 From  Turndog~ターンドッグ~

  • userIcon

    メッセージのお返し

    確かにポニテのルカさんhshsですが、とりあえず落ち着きましょうw
    ▽“すーぱー おれとく たいむ” が はじまった !
    (↑だからなんでRPGなんだ

    リンちゃんなう!リンちゃんなう!リンちゃんリンちゃんリンちゃんなう!

    じゃあ私はおやつ持って見に行きます((なんでお前はおやつを持って行くんだ
    い、いろんな意味で…?

    ゆかりさんの必殺技って「神出鬼没」だったりしませんよね…

    2012/11/09 00:40:27 ゆるりー

もっと見る

▲TOP