【がくルカ】memory【8】

投稿日:2012/05/23 00:08:57 | 文字数:1,753文字 | 閲覧数:981 | カテゴリ:小説

ライセンス:

「質問」

さあがっくんが倒れたよ!!
さあどうなる!!
「新入生編」はまだ続きます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あなたに聞けばいい?




----------





「信じらんない!!」


今は昼休み。
お弁当を食べていたらメイコがキレた。
いきなりなんなの!?


「なんかよくわかんないけど、とりあえず落ち着きなよ」
「なんでルカは落ち着いていられるのよ!」


なんか言い返された。
私が何かした?


「ルカは気づかないの!?」
「な、なにが…?」
「神威先生のこと!おかしいって思わない?」
「へ?」


先生がおかしい?
そんなはずはないと思うけど。


「先生は緑川さんのこと、『グミ』って呼んでるでしょ!」
「あ」


確かに言ってたけど、それがどうしたんだろう?


「それに、先生がチョークを投げるのは緑川さんだけだし」
「なんか緑川さんがかわいそうになってきた」


居眠りする度に、神威先生は緑川さんにチョークを投げる。
そのうち、緑川さんのお母さんからクレームくるんじゃないかって思う。


「ルカはどう思う?」
「別にどうも思わないけど」
「はぁ~…ほんっと、あんたは鈍いところがあるわね」
「鈍くて悪かったわね」


どうせ私は鈍いですよー。


「ほら、神威先生って、緑川さんに対する態度が、他の皆と違うよね。
 緑川さんが来た初日から、なんか打ち解けてるっていうか、前から知ってて仲が良い…みたいな」


言われてみれば、この間(チョークアタック・ドジっ娘教師乱入事件)初めて先生は緑川さんに会ったはずなのに、『お前だから大丈夫』とか、『そいつはすぐ寝る』とか…


「さぁルカ、どう思う?」
「別に。それがどうかしたの?」
「嫉妬ぐらいしなさいよ…あんた一応、神威せんs」
「あーそれ以上はダメ」


言いかけたメイコの口に向かって、私の鶏肉の唐揚げを放り投げる。
見事キャッチしたメイコは、よく噛んで飲み込んでから「ごめん」と言った。


何故こんなことをしたのか?理由は二つ。

一つ目。私と神威先生はひそかに付き合っているということ(と言っても、別にそれらしいことはあまりしていない)。
このことを知ってるのは、私と彼、そして友人である咲音メイコと教師である始音カイトの4人。

二つ目。この学園には、『教師と生徒との恋愛は禁じる』という規則がある。
これを決めたのは、学園長・結月ゆかり。

規則を破ると厳しい処罰が下されるので、ばれたら元も子もない。


「(付き合ってる…とかはないか。あの神威先生だから、浮気とか二股はしないだろうし)」
「(じゃあどんな関係…?)」
「(さぁ?ま、調べるのは難しいだろうねー…)」


メイコと小声で話しながら、弁当を食べた。
何故だろう。黒い感情が、私の中で渦巻いている気がする――…







昼休みから、巡音に元気がないような気がする。
そして、咲音に睨みつけられているような気がする。
俺何かしたっけ…?

そんなことを考えながら第二理科室へ向かおうとすると、誰かに呼び止められた。


「…先生」
「巡音か。どうした?」


俺がそう言うと、彼女の表情はさらに沈んだ。
…何か、悪いことでも言っただろうか?


「…聞きたいことが、あるんです」


彼女は少し顔を伏せて言った。


「…先生は何故、緑川さんとあんなに仲がいいんですか……」
「え…?」


彼女は…巡音は、今何と言った?


「何故、緑川さんのことは名前で呼ぶのですか…」


…ばれてしまった、のだろうか。
彼女は、俺とグミの関係を疑っている。


「別に、俺とグミは…」
「…何故、私のことは名前で呼んでくれないのですか!!」


巡音が顔を上げる。
彼女の目には涙が溜まっていた。

俺は逃げ出したくなった。


「俺…俺、は…」


頭の中に流れる映像。
紛れもない。それは、封じていた記憶。
二度と思い出したくなかった―――


「…ごめん」


それだけ言って、俺は第二理科室へと急いだ。
俺の心には、あの恐怖。


――知られたくないんだ、巡音にだけは……


その瞬間、俺の鼓動が加速した。


――駄目だ…ここで…倒れるわけには……


だが、足には力が入らず、俺は倒れこんだ。
あぁ、俺やばいな。
意識が、暗闇に堕ちた。

のほほんと生きる物書きです。
ギャグから真面目なものまでいろんなジャンルの小説を書いています。
…のはずが、最近はがくルカを書くことが多いです。


IN率低いです。
マイページ以外では「かなりあ荘」というコラボに出現します。

全体的にgdgdなものが多いです。
小説は、自己解釈もオリジナルもやってます。
だいたいはその場のノリで書いてます。

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    がっく─────ッん!!
    がっくんの過去に何があったのだ?!
    そしてグミちゃんとの関係……気になるやr(強制終了

    2012/05/24 16:57:14 From  雪りんご*イン率低下

  • userIcon

    メッセージのお返し

    投稿したときは「どうにでもなれ!!」って思ってたのにきちんと設定が思いついちゃう私ってどうなの。((何が!?

    がっくんの過去とグミちゃんとの関係は次回明かされる予定…
    それでも、「新入生編」は次回では終わりませんよ?

    2012/05/25 18:03:00 ゆるりー

  • userIcon

    ご意見・感想

    にゃああああああ!!?二つの意味でいったい何があったがっくん!!!?

    い…いや!よく考えろTurndog!!下手すればもっと驚愕かもしれないことがあるだろう!!
    学園長が…ゆかりんだと…!!!?わ…若い…!!!!惚れてまうやろー///
    …え、学園長待ってその手錠……ちょ、言っただけなのに何zうわ何をするやめ「ガチャン!!」
    (Turndogは学園長室に連行されました)

    全く関係ない話ですがうちの母親の名前が「ゆかり」なので結月ゆかりにキャーキャー言いにくいんですよね…www
    はい、まったく関係なさ過ぎて本当にごめんなさいwww

    2012/05/23 15:54:55 From  Turndog~ターンドッグ~

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ふ、二つの意味…!?……あ、グミちゃんとの関係となんで倒れたかってことですか。

    驚愕かもしれないことw
    勝手に決めてすみません…だって可愛いし、名字とかあるし…!←
    ってちょっと待ってゆかりさん何してるの!?つい出来心で1?駄目だよ連行するなよ!!

    まじですかwww

    2012/05/25 18:00:41 ゆるりー

もっと見る

▲TOP