【歌詞】BottleNeck Blues【オリジナル】

投稿日:2019/01/04 19:54:17 | 文字数:203文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

初めまして、りょうまと申します。
ロンサム溢れる少しブラックなカントリー曲の歌詞です。
福岡の某SSWをイメージしています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
例えば一人で 田舎に帰って
仕事もしないつもりで

B
ギター弾くだけの暮らし
自由で寂しい気分さ

A2
誰もいない場所 荒れ果てた土地で
毎朝薄いコーヒー
最高のタバコ一本
寝癖もそのままさ

Solo Time

B2
弦を弾いた痛みと
ボトルネックの音
それだけさ

A3
微熱を持ったまま 寂しい両手を
思い出残してやるのさ

B3
落ち着かない耳にメロディー
気だるく生きるなんて
強がりさ

40年代後半〜50年代のカントリー・ブルーグラスが好きです。
マウスのポチポチだけで生感溢れる打ち込みを目指してます。
が面倒臭がり屋です。
ケルト、エクスペリメンタル、退廃音楽なども好みます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】BottleNeck Blues【オリジナル】

    by りょうまさん

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP