【眠らせ姫からの贈り物】正しい「gift」の使い方【原曲者に謝れ】

投稿日:2012/03/30 13:09:54 | 文字数:2,778文字 | 閲覧数:1,114 | カテゴリ:小説

ライセンス:

やっぱ、カイトの扱いはこうでしょ。
っていうか、gdgdなんですけど。

次の悪ノカイミクは、やっぱりあれだよねぇ~(((

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「さぁ、眠りなさい…」


私はマルガリータ=ブランケンハイム。
皆に幸せを与えているの。


このgiftを飲めば、皆ぐっすり眠れることができる。
このgiftを飲めば、誰でも幸せになることができる。


へ?私は幸せなのかって?
ふふ、嫌ね。変なこと訊いてきちゃって…。


そんなことより、さぁ貴方も、このgiftを飲んで幸せに───────………










【眠らせ姫からの贈り物】正しい「gift」の使い方【原曲者に謝れ】










政略のために決められた婚姻。



───それでも、貴方を愛した。───



欲に溺れた無能な遊び人。



───だけど、前から好きだった。───



医者の娘の財産だけ目当て。



───別にそれでも、幸せよ?───



幼い頃の約束も忘れて。



───いいの、あなたのそばにいられれば!───










「──ゲリータ。マルゲリータ!」


大好きな貴方の声で目が覚める。
あらやだ。いつの間にかソファでうたた寝してたんだわ。


でも、そんなことより…


「さっき…『マルゲリータ』って言わなかった?」

「いいや~?何のことかな~?」

「…貴方は本当に嘘をつくのが下手ね」

「いいや~嘘じゃないよ~」

「“口笛を吹く=真っ赤な嘘”という常識を貴方は知らないのね」

「マジすか!?」

「さっすが、私のバカスパルね」

「……」

「一つ、言っていい?」

「…いいよ」

「タヒれ。」


あら?バカスパルの目に涙が浮かんできてるのは気のせいかしらね?
男だから泣かないだろうけども…一応言っておきましょ。


「泣いたら、どうなるかわかってんだろうな?」(^三^)

「……
 うわあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああん」


はい泣いたーこいつ泣いたーよしじゃあー約束どおりこいつ殺しましょー。
まずはー精神をズッタズタのズッタズタにしちゃいましょー。


「…ウザッ(×千)」
「うわああああああああああああああああああああん」


チッ。ウザイ。マジウザイ。お前はガキか。っていうかガキ以下だな。


「さてぇーどんな方法でぇー殺しましょうかねぇー」

「僕殺すの!?っていうか少しは慰めてもいいと思うんですg──」

「不安な情緒~悩む貴方に~とてもいい薬があるのよ~♪
 良い夢が見れるから~疲れた身癒せるわ~私からのプ・レ・ゼ・ン・ト~♪」

「遮らないで!っていうか何故歌う」


私は油断しきってるバカスパルを無視し、手に持っていたgiftを…





バカスパルの目に向かって投げつける!





「ぐはっ!」


……が、少しずれて眉間に当たる。
まぁ、いっか。一応気絶してるし。


私は気絶したバカスパルに、顔に落書きやドレスに着替えさせた後、適度な暴行を加える。
……「なんでこいつはこんなに可愛いんだよ!」とか、思った腹いせに暴行を加えたんじゃないからね。
あくまで日ごろの恨みを晴らすためよ。










++++++++++++++++++++


ブランケンハイム公爵との結婚。
突き付けられる現実。



悩めるマルガリータ。
友人のジュリアから教えられた
安らぎの薬「gift」の精製方法。



彼女は夫に「gift」を手渡す。



「よく眠れる薬」だと言っt「───っておいちょっと待てゴラァ!」










「何よ。動画文の邪魔しちゃって。バッカじゃないの?」

「お前、何が“彼女は夫に「gift」を手渡す”だ!投げつけたじゃねーか!!しかも目に!!!」

「あら、確かに私は貴方の目ン玉狙って投げつけたけど、結局は眉間に当たったじゃない」

「いいわけねーだろうがァ!もし当たってたらどうなるかわかってんのか!」

「初音ミクの消失」

「違ーーーーーう!目の消失だーーーーー!」


五月蝿いわねー。もうちょっと静かにできないわけー?


「っていうかこの格好はなんなんだ。この格好は!
 なんでドレス着さられてるんだよ!!!」

「私の趣味よ」

「はあぁ!!?」

「もう一回…『gift』をくらいやがれッ!」ブンッ

「ぐへばッ…目がァ!」


バカスパルが叫んだ矢先、「gift」のふたが開き、液体───毒薬が、じょばーっとバカスパルの眸を潤わせる。
バカスパルの眸はだんだん充血していく。


「むぎゃァー!目がァー!!目がァー!!!」


皆さんごめんなさいね。
バカスパルのせいで、エグいところ書いちゃって。




「その前に…僕にも……謝って…」バタッ


バカスパルは毒薬が効いたのか、そのまま力なく倒れる。
やったね、私勝ち組。





私は希望を求めたのよ。
お飾りのドールのように、利用さえるだけの日々。
もうとっくに壊れていた。だから、全てを壊したかったの。…彼の、全てを。


とてもよく効く薬なの。
永遠〈とわ〉に眠れるほどによく効くのよ。





ふふふ、これでようやく私も寝られる…
私は自分のベッドで、すやすやと寝息を立てた。










++++++++++++++++++++


死の町と化したトラゲイ。



マルガリータは既に快楽殺人者と
なり果てていた。



それは彼女の境遇ゆえか、
あるいはあの女の洗脳のせいなのか……。



マルガリータの自殺によって、
真相は闇の中へ……。




















──────────と、いう夢を、バカスパルは永遠にみたのさ☆





もちろん、マルガリータはその後優しきジェントルマンと結婚した。



笑顔の町と化したトラゲイ。



マルガリータは既に世界で一番幸せな人と
なり果てていた。



それは彼女の境遇ゆえか、
それともあの男が死んだせいなのか……。



マルガリータの「そこまで深くは言いたくないの」という可愛すぎる一言によって、
真相は迷宮入りへ……。


++++++++++++++++++++






























「……納得の有様ね」


「お待たせ、しました」


「お疲れ様。で、どうだった?」


「はい、『gift』は、すでに、作っていない、ようで……」


「そう……」


「それから、その『gift』、あの女……ジュリアも、作っているようです」


「なるほど……これで私の美しすぎる美貌で寄ってくる男共を黙らせることができるわね」


「……」


「行きましょう、グーミリア。ルシフェニアへ」


「はい、わかりました、エルルカ」

兄さんマジLOVE213%な雪りんごです

リンゴをくれれば支配下に回るよ←
文才のカケラもない小説書いてます

好きなジャンル:ミステリー(ただしホラーは×)
得意なジャンル:gdgd←
最近の悩み:頭が馬鹿すぎること←手遅れ
とりあえず:兄さんを愛でたい

(`・ω・){ヨロシクね!

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    注目入りおめでとう!
    思い出すなぁ、初めて注目入りしたときのことを…
    信じられないけど、嬉しいよね!

    りんごのカイミクが、いつもと同じw
    そして投げつけるの!?w

    みたのさ☆ってwwww
    動画文が幸せにwww

    そwwしwwてwww最後wwwwww
    納得の有り様ってwww
    エルルカもwwww

    隅から隅まで、きっちりギャグにするなんて…!
    やっぱり、りんごには才能があるんだね!
    私よりギャグ上手いもん。
    だけど仕事は頑張らなきゃ…(((逃げて

    2012/04/24 16:55:36 From  ゆるりー

  • userIcon

    メッセージのお返し

    ゆるコメントありがとう!
    妄想していたよりもめっちゃ嬉しい!(←妄想!?
    うん!信じられないけど、めっちゃ嬉しい・・・!

    りんごのカイミクにラブ×2はなりません(`・ω・´)←
    そう、投げつけるのです。どの時代のカイミクもw

    ふふ、悪ノカイトを徹底的に不幸にする為の作戦のひとつですwww
    動画分が幸せになるぶん、カイトは不幸n(ry

    書いてた途中に思い浮かんじゃったんだよねwwwww
    エルルカさんはお美しいのでwwww

    いやいや、ゆるよりギャグ上手いですから。
    その証拠にあなたの注目入りは指で数えられない・・・!

    ・・・・・・ん?
    カヨさんがこっちに鋏持って走ってきた!?
    きゃああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁa(斬

    2012/04/24 22:12:00 雪りんご*イン率低下

  • userIcon

    その他

    注目入り!注目入り!!!部活サボって早く帰ってよかっt(ぇ
    皆様ブクマありがとうございます!!!
    ・*:.。. (ノ´Д`・。)・*:.。.

    2012/04/24 14:11:18 From  雪りんご*イン率低下

  • userIcon

    ご意見・感想

    ちょwwwこのギフトの使い方はwww
    ずいぶんとまた物理的な使い方wwww
    そして最後のエルルカとグーミリアの下りで抱腹絶倒wwwwww

    おっと自己紹介が遅れました。Turndogと申します。雪りんごさんのおかげで自分の書いたルカさん誕生祭小説が自作品の中で初☆注目入りしました!!ありがとうございます<(_ _)>

    できれば今度コメントもお願いしますね。コメント少なくて結構暇なんでwww

    2012/04/03 13:41:47 From  Turndog~ターンドッグ~

  • userIcon

    メッセージのお返し

    Turndogs≫
    メッセありがとうございます!


    こちらの世界のマルガリータは「gift」を投げる道具にしか扱ってないようですwwwww(((
    憎い人にはこの渡し方がいいかもwwww(((←
    もしかしたら「五番目のピエロ」も書くかもしれませんwwwそれで「gift」ゲットwwwww

    雪りんごと申します。
    なんと!注目入り…しかも…初!?てっきり、もっとたくさん注目入りしてるのかと……。とりあえずおめでとうございます!
    ウチは一度もなってないので(当り前だ)、羨ましい限りです^^


    www
    わかりますよその気持ち。
    なんとなく画面見つめて「コメント来ないかな?…できれば、注目入り」とか呟いてますもんww

    2012/04/03 14:13:11 雪りんご*イン率低下

もっと見る

▲TOP