玩具屋カイくんの販売日誌(242) ミクさんと“リンリン・はっちゅーね”

投稿日:2014/06/29 15:11:50 | 文字数:1,335文字 | 閲覧数:73 | カテゴリ:小説

ライセンス:

何か企んでるような、白衣の女性。果たして…?
(白衣といっても、小保○さんとは関係ないですよ(笑))

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

れおんさんたちのいる「カフェ・ドナ」にやってきたのは、ミクさんだ。

「お待チシテマシタ。あ、ご紹介します。こちら、ミクさん。“はっちゅーね”のドールの、生みの親デス」
れおんさんは、彼女をオサカモトさんに紹介した。

新商品の“リンリン・はっちゅーね”で、いま一緒にコラボをしているけれど…。
ミクさんとオサカモトさんは、会うのは初めてだった。

「よろしくお願いします」
ミクさんはお辞儀すると、レオンさんの隣に座った。
「作者の方に、お会いするのは初めてですね。どうぞ、よろしくお願いします」
オサカモトさんも、笑顔で頭を下げる。

ミクさんが数年前、“ギャル社長”と呼ばれていた頃に、デフォ子さんと共に作り出したドール、“はっちゅーね”。
いまも、雑貨ファンに人気の商品だ。

れおんさんのアイデアで、人気者のブロガーであるリンちゃんとコラボして誕生したのが、“リンリン・はっちゅーね”だ。


●大きなブームを作り出す!

ミクさんは、言った。
「ガチャの商品では、お世話になってます。とりあえずは、ヒット、ありがとうございます」
オサカモトさんも、会釈する。

ミクさんは続けた。
「ちょっと、気になるんですけど。さっき、なんだかリンちゃんの“保護者”みたいな言い方をされてましたネ。それ、一体、何を目的とされているの?」

「“リンリン・はっちゅーね”ですけど。あれは、世の中で、大きな流れを作り出せる商品です」
真面目な顔で、オサカモトさんは答える。
「この前、メッセの“ワンダーランド・ショー”で、その商品と、あの娘を見たとき、コレは行けるな、って思いました」
彼女はつぶやくように付け加えた。
「ツクヨミ様も、そう考えているし…」

ミクさんと、れおんさんは首をかしげた。

彼女は、続ける。
「いまは、限られたファンに人気のあるアイテムになってますけど。そのオタクたちの人気をステップに、さらに大きなコンテンツにしようと思ってます」

れおんさんは、彼女に何か言おうとして、口をつぐんだ。


●このブームを作る仕事は…

かまわず、オサカモトさんは続けた。
「世の中を動かすような、大きな流れを作りたい。そのためには、キャラのもとになっているリンちゃんとも、心を一体化せねば、なりません」

れおんさんは、口を開いた。
「オカシイナ。月光企画さんでは、いつもそんな風に考えて、仕事をされてるのデスカ?」
「いいえ、そうでもないですけど。今回のは、特に大ブームにつなげたいと思っていますので」
オサカモトさんは、笑って答える。

「ホントを言うと、この間、“テト・ドール”という商品で、そういうブームを作ろうと思ったんです。あの、テトさんというキャラクターにも、魅力があったもので。でも…」
彼女は白衣の腕を組んだ。
「“テト・ドール”に加わってる、ホソノとかいう人が、賛成されませんでした。私たちは、異なる思いを持った人とは、このブームを作る仕事は、したくないのです」

「じゃあ、この“リンリン・はっちゅーね”の話も、そうなりそうね」
黙って聞いていたミクさんは、口を開いた。

「異なる思いを持った人が、ここにいるもの。私です」m(-_-)m

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    今晩は。お返事の中の”小説サイト”の追加情報を書かせていただきますね。

    下記3サイトは、小説専門のサイトで、最近見つけた and ツイッター担当者様から投稿のお誘いを受けた、ので、過去作ですが、今、投稿してます。最初は進行度がバラバラでしたが、全部同じにしました。各サイトの各ユーザー様により、どれかを見られるようにしました。以下、情報です。

    1)オリジナル長編小説『メビウス・リング』

    ☆どのサイトも進行度は同じですので、どこか1つをご閲読いただければOKです♪

    「メクる」 ユーザー名:enarin
    http://mecuru.jp/novel/6933

    「小説家になろう」 ユーザー名:えなりん
    http://ncode.syosetu.com/n2941cs/

    「taskey」 ユーザー名:enarin
    http://taskey.me/stories/8e1c686207aa878f1211?lang=jp

    2)ボカロ小説 各シリーズ

    ☆進行度がバラバラですが、

    ピアプロと、pixiv(ユーザー名:えなりん)

    に同内容で最新話を投稿しているので、上記3サイトでご閲読いただく場合、ユーザー検索でヒッ

    トした作品がそれになります。

    ***

    ご感想も先日いただき、とっても嬉しく思いました。

    ではでは~♪

    2015/06/21 18:49:48 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん

    サイトの情報をありがとうございました。

    こういったサイトがいろいろ出ているのですね。
    とても勉強になります。

    enarinさんの作品も、以前親しんだものもありますし、
    未読のものも、これから新たに読ませて頂きます。楽しみです!

    とりあえず御礼まで。
    では、また。

    2015/06/21 21:58:05 tamaonion

  • userIcon

    ご意見・感想

    今晩は、ちょっと間が空きましたが、続きのコメントを書かせていただきますね。

    よくぞ言った! ミクさん! どうにもこの白衣の方々は、一癖も二癖もある故に、開口一番で、OKを出すのは危険ですよね。

    リンちゃんの方が気になります。ミクさんのご明察の通りになるとは思う物の、リンちゃんの所在とか、ちと心配です。

    それでは、また書かせていただきますね。

    P.S ボカロ小説とかオリジナルを、某小説専門サイト3件に投稿し始めまして、そこそこの反応がありました。

    たぶん高校生の投稿者だと思うのですが、ボカロに反応したレスを頂きました。まだまだボカロ人気は衰えてませんでした♪

    2015/06/16 20:49:14 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    enarinさん、メッセージを有難うございます!

    >よくぞ言った! ミクさん! どうにもこの白衣の方々は、一癖も二癖もある故に、開口一番で、OKを出すのは危険ですよね。

    そうですね。ビシッと言ってくれる存在は、やはりミクさんとなりますね。

    >まだまだボカロ人気は衰えてませんでした♪

    カルチャーを作ってきた大元ですからね!この間のニュースで知りましたが、バ○ダイとのコラボ企画の製品も登場するようで、大変楽しみですね!発売は年末でしたかね。


    >P.S ボカロ小説とかオリジナルを、某小説専門サイト3件に投稿し始めまして、そこそこの反応がありました。

    おお、それは素敵です。
    よければ、サイトのアドレスを教えてください!ぜひ、読者になってみたいです。

    よろしくお願いします!!
    また感想を聞かせてくださいね!

    それでは、また。

    2015/06/21 17:26:53 tamaonion

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP