流星-ナガレボシ-のうた。 〝双子のうた。〟ニ

投稿日:2009/10/14 11:31:40 | 文字数:1,176文字 | 閲覧数:107 | カテゴリ:小説

ライセンス:

久々。

っていうか、自分の小説を読み返してみると、あれ、こんなぐちゃぐちゃだったけ?もっとマシだったような……って思わない?

っていうか、私展開はやくないか?
ま、いっか。

感想待ってますかもしれません←さーせんty

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 次の日も、ミクは普通に話しかけていた。
「昨日、あそこで何してたの?」
「別に。」
 レンが短く答える。
「お買い物してたんだよー。」
 隣から、リンが答えてくれた。
「へー、そうなんだ!」
 ミクはリンが答えてくれたことが嬉しくて、立ち上がってしまった。
「リン、言わなくていいから。」
 レンがリンに言う。
「はーい。」
 リンは元気よく返事をして、次の授業の準備を始めた。
 ミクは話を続ける。
「何を買ってたの?」
 レンは溜息をついて、短く答える。
「夕飯。」
「おつかい?えらいねー。」
 ミクがそう言うと、レンはもう一度溜息をついて、リンの手をひいてどこかへ行ってしまった。
 ちょっとずつ、仲良くなれてるのかな?
 ミクはそう思った。
 でも――そうじゃなかったんだ。


              ☆


 相変わらず、毎日声をかける。
 その日は、なんとなくもう少し多めに話しかけてみようかな、と思った。
 最初に、カイトに声をかけた。
「今日は何を見てるの?」
「何も。」
「食べ物って何が好き?」
「…アイス。」
 〝アイス〟のところが以上にくいつきがよかったこと以外、あとはいつもと同じだった。
 次に、リンとレンに話しかけてみることにした。
「何話してるの?」
 ミクが声をかけると、2人は同時にこちらを向いた。
「夕ご飯何にしようかって話してたの。」
 リンが答えてくれた。
「2人でつくってるの?お母さんは?」
 そう聞くと、リンはうつむいてしまった。そのかわりに、レンが「関係ない」と言う。
「仕事?」
「だから、関係ない。」
 少し、声が大きくなる。リンは、レンの袖をひっぱっていた。しかし、ミクは2人の変化に気づかなかった。
「ねえ、今度家に遊びに行ってもいい?」
バンッ!!
「うるさいッッ!!」
 レンが机を思いっきりたたき、叫んだ。それを同時に、リンがレンの前に立ちはばかった。
 ミクは驚いて、動けなかった。
「もう……レンを傷つけないで。レンは頑張ったんだよ……?」
 そう言って、リンは涙を流す。
 でも、ミクにはリンの言っている事が解らなかった。
「……とにかく、もう俺達に話しかけんな。」
 レンはミクを睨み、そう言ってリンと一緒にどこかに行ってしまった。
 ミクは動けずに、立ち尽くした。
「聞かれたくないことだってあるのよ。あなたみたいに、普通に笑って生きてきてる訳じゃないの。……理解できるか判んないけど。」
 後ろから、そう言われた。言ったのはメイコだった。

 
 ねえ、じゃあ、私はどうすればよかったの?
 話しかけちゃいけないの?
 仲良くなりたいって思っちゃいけないの?
 話してくれなきゃわかんないよ……。
 
 それとも、最初からここにいちゃいけないの――?

 教えてよ。

双子ちゃんが大好きです。
鈴音。(りんね)と申します。

コラボしてくださる方も募集してます!
私は絵・歌詞・小説・アコギだけの作曲ができるので。
でも期待はしないでください、練習程度にはなるかなと;

あ、お友達も募集ー!


いろいろここでやる予定です。↓
http://herogt.blog129.fc2.com/
スカイプあり。
連絡取りたいかたはメッセください、id教えます。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    おお!続きだ!
    相変わらず良い小説です・・・
    ぐちゃぐちゃ?そんなこと言ったら私の小説のほうが・・・

    次の待っています^^

    2009/10/15 16:20:46 From  木下 志希

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP