玩具屋カイくんの販売日誌(164)  “はっちゅーね”の不思議 (その1)

投稿日:2012/08/15 22:04:38 | 文字数:1,250文字 | 閲覧数:85 | カテゴリ:小説

ライセンス:

アーチストは自分の思いを作品に込めますが、何か不思議な人形が生まれたみたいですね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ここは、ゆくりさんの雑貨店「ゆっくり」。

さきほど、ちょっと不思議なことが起こった。
売場に並んでいる、話しかけると答える人形の“はっちゅーね”。

そのしゃべり声が、デフォ子さんの声にそっくりだったというのだ。


自分のバッグから携帯電話を取りだして、モモちゃんは、りりィさんに聞いた。
「デフォ子さんに、かけてみるんですね」
「ええ、無理でなければ」
りりィさんはうなずいた。

「でも、何を聞けばいいんですか?」
りりィさんは、棚にいる“はっちゅーね”の頭をなでながら、言った。
「デフォ子さんのそばに、この人形があるかどうか、聞いてほしいの」


●変わったおしゃべりをする人形

いっぽう、こちらは、デザイナー支援施設の「ニコビレ」。

作業室で話をしていた、デフォ子さんやミクちゃん。
と、その時、携帯電話が鳴った。

「あ。あたしの携帯だ」
そう言って、デフォ子さんはトートバッグから電話を取り出した。
「もしもし、あ、モモ。うん、あたし。久しぶりだねー」

モモちゃんからの電話を受けて話す、彼女のそばに、ルナさんとミクちゃんがいる。
そしてその隣りに、デフォ子さんの“はっちゅーね”が置いてあった。

「うん、うん。そう、ゆくりさんのお店でね。そうか、テト・ドールの発売なんだ。え?何?あたしのそばに?“はっちゅーね”が?うん、あるよ。なんで?」
聞くともなく、話を聞いていたミクちゃんとルナさんは、思わず、隣りにある人形を見た。

デフォ子さんは、話を続ける。
「へえ、そこにある、“はっちゅーね”がしゃべったの?あたしの声で? ホントにぃ? ヘンなの」

その会話を聞いたミクちゃんは、目を丸くした。
「なんか、どっかの“はっちゅーね”が、やっぱり変わったしゃべり方をするみたいだね」

ミクちゃんと、ルナさんは、顔を見合わせた。


●こっちの声と、あっちの声

デフォ子さんは、話を続けた。
「そうなのかー。うん、こっちにある“はっちゅーね”も、変わったしゃべり方するよ。なんかヘンだね。」
仲の良いモモちゃんなので、いろいろしゃべりたいこともあった。
「そう、テト・ドールのデビちゃん、評判いいんだ。ふぅん。 え?天使のコスチューム?なにそれ、見たいなあたしも。アハハハ。 で、いまそこに誰がいるの?キディディの常連の、リンちゃん?」

その会話を聞いて、ミクちゃんは、オヤ?と思った。
ちょっと不思議な考えが浮かんだからだ。

そこで、隣りにある人形を指さして、ルナさんに言った。
「ねえ、電話の向こうの場所にも、この人形があるらしいね」
ルナさんはうなずいた。
「そうですね。で、デフォ子さんの声でしゃべったみたい」

「それで、向こうには、リンちゃんがいるみたいねえ」
ミクちゃんは、腕を組んだ。

「なんか、こっちの声が、あっちに聞こえてて、で、あっちの声が、こっちに聞こえるみたいね」
「まさかあ」
ルナさんは、目を見開いた。((゜m゜;)

(次回に続く

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんにちは! 残暑お見舞い申し上げます。

    さて、今回ははっちゅーね人形の不思議の入り口ですね。こっちの声が向こうで、向こうの声がこっちになってしまう、不思議な人形ですね。

    そして、デフォ子さんは、さすが冷静ですね。こういう人がいないと、シナリオの謎解きが円滑に進まないのですよね。

    さてはて、はっちゅーねさんの謎とは? 楽しみです!

    ではでは~♪

    P.S 今日は久々に高音注意情報が出ました。こちらもかなり暑いですので、ご自愛下さいませ。

    2012/08/16 12:16:42 From  enarin

  • userIcon

    メッセージのお返し

    メッセージ、有難うございます。

    >こっちの声が向こうで、向こうの声がこっちになってしまう、不思議な人形ですね。

    そうですね。ただ、この話はファンタジーではないので、どこかに「理屈」をつけたいと思ってます。

    >さてはて、はっちゅーねさんの謎とは? 楽しみです!

    有難うございます。でも「謎」は理屈がわかると、味気ないものですけどね。
    その意味では、enarinさんの書かれてるSFっぽい作風や、ゲームとかは、表現が自由で多彩で、うらやましいですね。

    >デフォ子さんは、さすが冷静ですね

    そうですね(笑)こういう、天然のクールキャラは、書いていても頼りになります(笑)


    また、感想を聞かせてください!

    2012/08/17 23:53:33 tamaonion

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP