ゆらゆらとさよなら

投稿日:2017/04/28 00:18:20 | 文字数:422文字 | 閲覧数:29 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ゆらゆらとさよなら


風がそっと 私を包む 白い吐息が 浮かんでは消えて
あなたがいた この町から 離れた場所へ 歩き始めてた

二度と 会うことない 笑う仕草 愛おしくなる
せめて 最後だけは 目を合わせて ほしかったのに

ゆらゆらと さよならが 重なる時に
記憶の はなびらが 枯れてゆく
悲しみが 嘘ならば すぐ許すのに
心を 置き去りに 消えてしまう


星の下で 願いをかける 時を戻して 右目から涙
暗がりから 見えた光 星の優しさ 返事をくれたの?

瞼 重くなって 意識の中 世界が変わる
そこに あなたの声 幻だと わかってても

どうしても どうしても 離れられない
明るい 思い出が 蘇る
悲しみを 乗り越える 術が知りたい
口から 溢れ出す 想いの声


流れる涙 止めてよ


ゆらゆらと さよならが 重なる時に
記憶の はなびらが 枯れてゆく
いつの日か 笑えたら あなたに送る
最後の メッセージ さようならと

曲を作ってます!
まだまだ未熟なのでアドバイスなど頂けたら嬉しいです

イラストを描いてくださる方、随時募集中!

ピアプロのメッセージまたはTwitterまでご連絡ください!
https://twitter.com/aobamus1c

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • [GUMI] ゆらゆらとさよなら [オリジナル]

    by aobaさん

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP