月夜の彷徨[曲募集中!]

投稿日:2010/02/02 17:50:20 | 文字数:684文字 | 閲覧数:35 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

 この詩も、孤独と闘う感じです。
 つまりは、独りぼっちの今を嘆くのではなく、その先の明るい未来を見据えて生きてゆこう、というイメージです。なので、哀しくなるよりは、励まされてもらいたいです((汗

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月夜の彷徨



僕の歩く道が続くのは どんなトコロかって、誰か教えてよ
たくさんの笑顔あふれてる? それとも冷たい涙流してる?

“永遠”なんて約束できない 確かに残せる言葉なんてない
伸ばした両手は空を切り 開いた指の隙間から“本当”が零れた

僕を独りにしないで 暗い暗い夜に呑み込まれてしまうから

独り壊れそうな僕夜風に吹かれて 倒れ込んだその先は何もない孤独だったの?
大切なのは正しいことかじゃなくて 月に照らされてできる影が一つじゃないことでしょ?
助けてって叫ぶくらいなら 仲間探して明日へ向かって走り出すべきじゃない?
“永遠”っていう言葉から生まれる 意味見つけることができたらいいのに・・・・・・


僕の歩いた道に残るのは どんなキモチかって、誰か教えてよ
たくさんのありがとうがある? それとも冷たい言葉刺さってる?

“永遠”なんて信頼できない 確かに頼れる言葉なんてない
踏み出す足は地に着かず 蹴りつけた僕の心から“本当”が零れた

僕を独りにしないで 暗い暗い夜に踏み込んでしまうから

独り崩れそうな僕夜道に佇んで しゃがみ込んだその場所は何もない孤独だったの?
大切なのは“嘘”つかないことじゃなくて 地面に並んでいる足が二つじゃないことでしょ?


“永遠”なんて薄っぺらい言葉 嘯くだけじゃなくて
どうせ言うなら “永遠”を“嘘”から“本当”に変えなくちゃだめなんだ

独り壊れそうな僕夜風に吹かれて 辿り着いたその場所は何もない孤独だったの?
大切なのは涙しないことじゃなくて その後笑ってる顔が一つじゃないことでしょ?

 どうもです。

 このサイトには、歌詞のみを投稿したいと思います。
 私が学校や家庭で感じたことを、歌詞風に表現したものです。内容はまちまちですが、恋愛・友情に関することや季節感を重視したものが多いです。
 素直な気持ちを綴ったものなので、ぜひ読んで下さい。読んで下さった人の心境に、何か変化をもたらすことができたら幸いです。


 曲を作ってくださる方がいましたら、作ってくださると感激です!!!


 この歌詞は、他サイトでも掲載しています。
 また、そのサイトでは、私が書いた小説を連載しているので・・・
 そちらのほうも読んでいただけたら幸いです。
 検索サイトで『まゆごころ』と打ち込んでいただければ・・・・・・・・・((汗


 こんなことを書いてよかったのかはわかりませんが、どうぞよろしくお願いします!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP