azalea

投稿日:2012/06/04 06:57:37 | 文字数:395文字 | 閲覧数:162 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

コラボ用に書かせて貰いました~

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

春の歌を忘れた銀色の世界が
鮮やかな木漏れ日で虹色に染まってく

凍えた頬にそっと触れる指先から
溢れ出す温もりに心溶かされていく


【淡く消えそうな透き通る肌に甘く爪を立て引き寄せた唇】


震えるように小さく揺れて 可憐に咲いた赤いアザレア
眩めく戸惑いに酔いしれて 花弁を染める


絶え間なく吹き荒ぶ藍色の夜風が
掻き消した囁きは鈍色の熱情

はにかむ頬をそっとなぞる指先から
少しずつ少しずつ刻み込む劣情


【赤い炎にこの身を焦がして 永遠に続く夢 霞んでく陽炎】 


敷き詰めた花びら 影を重ねながら
愛しさに イトシサに 心委ねていく


艶めく声で歌い躍らせて 華麗に咲かす白いアザレア
眩めく戸惑いに伏せられた仮面の下 歪めた唇

誘う右手 伸ばした左手 絡まる指 二色のアザレア
月明かりに妖しく抱かれて春を待たず狂い咲き舞い散れ

「たぬき堂」名義で活動しています。


Cubaseも新しくしたので元を取るべく頑張ります。

(・ω・)仲良くしてください。


ニコニコ動画でマイリス数云々がとかそういうのはあまり視野に入れておりません。


twitter : utatanukido

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • azalea

    by たぬき堂

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP