想月桜華

投稿日:2012/07/19 18:34:23 | 文字数:287文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

社会人コラボより、3作品目です。

竹取物語を元に、かぐや姫が月の使者を待つ中、
夜桜に安らぎを感じているというちょっとした日常を表現しました!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



A
月に焦がれ 迎え待つ日々に
幾年過ぎ 何度目の夜か
想ひ寄せて 形は成せども
渡る鳥に 意を問うばかりで

B
膨らむ蕾よ 細工など捨て去り
幻想に生きる 私に安らぎを

S
御簾をそっと 寄せれば 桜来や
曼珠沙華 重ねて 夢現
中庭に 月影 触れる宵に
琴の糸 一本 鳴らしました

B
愛でる花弁よ 白蝶と瞬き
舞えば薄命に かぐやへ安らぎを

S
御簾をそっと 返せば 桜来や
曼珠沙華 重ねて 夢現
中庭に 月影 流る花に
琴の糸 一本 鳴らしました

S'
宵に咲けよ 永久に咲けよ
故に 散り散りと花篝
千に咲けよ 万に咲けよ
故に 散り散りと花篝

花陽と申します。
(†由良†から改名しました。)

ニコ動マイリス↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/25064407

主にコラボと歌詞応募で活動中。
どんなジャンルの歌詞でも大体は対応できます。

作詞を始めて気付いた特徴。
和風とちょっと後ろ向き気味な歌詞を考えるのが好きらしい(¬з¬)♪

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP