[Aメロ]
ノートの隅に落ちていたいくつの詩が
君がくれた言葉で溢れたんだろう
本当(ほんと)の気持ち気付かずにいくつの陽(ひ)が
落ちては昇ってを繰り返したんだろう

[Bメロ]
あの日の空 あの日の海
比べても僕は
僕のままで風に乗って泳いでいこう

夏越しに君がもし波間に見てたら
今も同じ笑顔をくれるの?

[サビ]
果てのない水平線を目指そう
研ぎ澄ましたい一つの夢 叶えるために舞う
あてのない心を変えてくれた
さざなみのような優しさを
いつか返せるように未来へ

[Aメロ]
コードレスでもそばで感じていた目は
僕の背筋を伸ばしてくれたんだよ
損得じゃない真っ直ぐさに触れた芽は
黄色い花を咲かせ響いている

[Bメロ]
かけがえのない 日々はもう
戻らないけれど
隠しきれない雲に身を委ねてみよう

夏休み君がもし僕を想ったなら
今もきっと隣りにいたのかな?

[サビ]
肩並べ 共に行く先見据え
いつか戸惑う壁を 乗り越える鍵をくれたね
離れても輝き続けるもの
晴れ空(ぞら)のような色彩を
君ともう一度見られるように

[落ちサビ]
果てのない水平線を目指そう
研ぎ澄ましたい一つの夢 叶えるために舞う
沈みゆく心に羽をくれた
君のもとへ飛んでいくよ
夏青の歌を響かせて

[ラスサビ]
肩並べ 共に行く先見据え
いつか戸惑う壁を 乗り越える鍵をくれたね
離れても輝き続けるもの
晴れ空(ぞら)のような色彩を
君ともう一度見られるように

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい

夏青のソナー

作詞を担当させていただきました!

爽やかな青春を…!!

閲覧数:93

投稿日:2022/10/10 20:49:49

文字数:628文字

カテゴリ:歌詞

オススメ作品

クリップボードにコピーしました