投稿日:2011/03/31 20:44:29 | 文字数:504文字 | 閲覧数:92 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「掌」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

不機嫌な風 草を揺らす 僕も揺れる
薄く笑って またゆっくり 歩いていく
君とつないだ 右手そっと 空にかざす
夕日に透けた それはとても 頼りなくて

君と過ごす時間は とても幸せで
胸がいっぱいになって
いつまでもこんな時が 続けばいいと

願うことしか 今の僕には できないんだ
僕の小さな掌では 君を守れないから
いつも傍で 君の笑顔を 見ていられる
そんな未来 思い描くけれど

街の景色も 春の色に 移り変わり
蕾をつけた 花がそっと 咲き始めた
すべてが時に 流されてく この世界で
君を変わらず 想い続けられるのかな

先のこともわからず 守られるままに
歩んできた僕だって
いつか大人になる日が 来るはずなんだ

その時はもう 僕のいちばん 好きな人を
ずっと僕のこの掌に 包んであげられるかな
いつも傍で 君の笑顔を 見ていられる
そんな人に 僕はなれるのかな

願うだけでは きっと叶わないから
空を見上げて 誓うよ

君と二人で 共に歩んで いける日々を
僕がずっと守り抜くから 幸せにするから
手をつないで 二人並んで 帰る時の
あの温もり 僕は忘れないよ

重ねあった 二人の掌の

ひっそりとVOCALOID曲を作っています。

私の曲にイラストをつけてくださる絵師様や動画師様を探して、PIAPROを徘徊していますので、
こちらからお声掛けさせていただくこともあると思います。とりあえず怪しい者ではありませんので…。

アイコンは役立たずさんに描いていただきました。感謝です!

あ、ブログやってますよー。
http://guliver-garden.seesaa.net/

あとこれが一応のマイリスです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/24284432

ツイッターも始めてしまいました。
https://twitter.com/#!/Guliver32Little

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP