little bunny

投稿日:2019/09/14 01:27:14 | 文字数:436文字 | 閲覧数:600 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

little bunnyの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【A】
静かな夜を照らしている 街灯が続く並木道で
自販機探し歩いてるのに どうしてかな 見当たらないや

【B】
この季節を今まで何度も 通り過ぎてきたはずなのに
知らない世界に迷い込んだ 兎みたい

【サビ】
夜明け前に消えるかもしれない
足跡を白く染める初雪
いつからだろう あなたの声が
特別な音になって響いてきたんだ
かじかむ指先 耳に残る熱 今夜も眠れない


【A】
子供の頃は知らなかった 言葉の意味を考えてる
歩道橋の上立ち止まって 行き交う光見下ろしていた

【B】
背伸びしても届かないって 言い聞かせてきたはずなのに
どこにいても考えてしまう あなたのこと

【C】
ネオン輝く観覧車の中で 眠っている幼い少女たち
儚くも美しく 蝋燭の火が消えたら
大人になるの 夢から覚める


【サビ】
夜明け前に消えるかもしれない
街中を白く染めて初雪
今でずっと隠れて見えない星を
意地になって追いかけてきたんだ
震える唇 胸を刺す痛み 今夜も眠れない

『女子高生の無駄づかい』の低所得Pのモデルの人です。DTMをします。 ボカロ曲はビーノ@bambi_no_3と共同制作。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP