ゲンセイノウタ【曲募集】

投稿日:2010/11/18 22:02:43 | 文字数:1,304文字 | 閲覧数:34 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「原生」と「現世」をひっかけた言葉遊び感が若干ある詞です。

曲を募集しております。
曲調はお任せしますが、私としてはストリングロックなど合うかななんて思っています。そしたら「弦製」でまたひとつ引っ掛けられるので(笑
詞の意味の変わらない範囲内での調整や繰り返しを増やしたりするのはお好きにどうぞ。
Cメロはあまりにも字数がバラバラすぎるので、曲先であとから詞をリメイクすることでの対応も考えています。
もしよろしければ作曲の方よろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

Am
有りがちな言葉ばかりを並べた歌に
どれだけの効き目があるか分からないから
だから試すよ

Am
雨音に消えて無くなるどうかその前に
吐き捨てた虚実の先で此の心を射よ
囁く様に

Bm
氾濫する言葉の熱を鎮めて
僕が僕だと証明できる内に
意味をつけて 呼んで「――――」

S
さようなら原生の唄
無秩序の穴へ還れ
枯渇した頭中の溝が
何よりも満たされるよう

S
繰り返すは試行の渦
惑わされ声を亡くした
明くる日の暁に今
僕は未だ語る事が見つからない


Cm
何かを伝えるための言葉なら
意味が 理由が 死んでしまう前に
何度も試すの
誰かと触れ合えると期待して口を開く

S
さようなら原生の唄
文法の崩落の跡
黄昏を喰んではまた
何よりも解を求めて渦中へ戻る

S
さようなら原生の唄
無秩序の穴へ還れ
枯渇した頭中の溝が
何よりも満たされるよう

S
繰り返すは試行の渦
惑わされ声を亡くした
明くる日の暁に今
僕は未だ語る事が見つからない

S
新たなる現世の唄
今此処で暗澹を討て
響かせて内側の音を
明日がまた同じ様な 言葉を持ち
過ぎ行くことが 無いように





ひらがな版

Am
ありがちな ことばばかりを ならべたうたに(5 7 7)
どれだけの ききめがあるか わからないから(5 7 7)
だからためすよ(7)

Am
あまおとに きえてなくなる ど(う)かそのまえに(5 7 7)
はきすてた きょじつのさきで このしんをいよ(5 7 7)
ささやくように

Bm
はんらんすることばのねつをしずめて(17)
ぼくがぼくだとしょうめいできるうちに(17)
いみをつけて よんで(6 3)

S
さようなら げんせいのうた(5 7)
むちつじょの あなへかえれ(5 6)
こかつした ずちゅうのみぞが(5 7)
なによりも みたされるよう(5 7)

S
くりかえす/は しこうのうず(5 7)
まどわされ こえをなくした(5 7)
あくるひの あかつきにいま(5 7)
ぼくはまだ かたるべきこと がみつからない(5 7 7)

Cm
なにかを つたえるための ことばなら(4 7 5)
いみが わけが しんでしまうまえに(3 3 9)
なんどもためすの(8)
だれかと ふれあえると きたいして くちをひらく(4 6 5 6)

S
さようなら げんせいのうた(5 7)
ぶんぽうの ほうらくのあと(5 7)
たそがれを はんではまた(5 6)
なによりも かいをもとめて かちゅうへもどる(5 7 7)


S
さようなら げんせいのうた
むちつじょの あなへかえれ
こかつした ずちゅうのみぞが
なによりも みたされるよう

S
くりかえす/は しこうのうず
まどわされ こえをなくした
あくるひの あかつきにいま
ぼくはまだ かたるべきこと がみつからない

あらたなる げんせいのうた(5 7)
いまここで あんたんをうて(5 7)
ひびかせて うちがわのねを(5 7)
あすがまた おなじようなことばをもち(5 12)
すぎゆくことが ないように(7 5)



こんにちは。梨緒と申します。
普段は個人サイトにて悲恋、退廃、思想系な詩を書いております。
当人詞しか書けませんので曲やコラボなど随時募集中です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP